1. Top
  2. » ほうれん草

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーグチキン(サグチキン) レシピ見直し

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

サグチキン

前々からサーグチキンのレシピが微妙に怪しかったので、見直しの意味で作り直してみました。
気分でチキンを後乗せにしてみています。ちょっとやっつけ気味の更新でスイマセンw

作っているところ

【材料】
ほうれん草 20~30株
重曹 小さじ1
タマネギ 1個(細か目のみじん切り)
ニンニク 1個
トマトジュース 160g
鶏もも肉 500g(皮を外して一口大に切る)

サラダ油 大さじ3
塩 小さじ1.5

(ホールスパイス)
クミンシード 小さじ1
赤唐辛子 1本
シナモンスティック 1本
クローブ 5個
カルダモン 5個

(煮込み)
赤唐辛子 小さじ1/2
コリアンダー 大さじ1

(仕上げ)
ガラムマサラ 小さじ1/2
カスリメティ 大さじ1

【仕込み1】
ホウレン草を茹でる用の鍋に半分ぐらいの水(分量外)と重曹を入れ、沸騰させる。
沸騰したらザク切りにしたホウレン草を入れ(先に茎を入れ、次に葉を入れる)、全体的にクタっとなったら引き上げる。茹でる時間はせいぜい数分のオーダーです。(鍋のお湯が再沸騰するかしないかぐらいで引き上げる)
完全に冷めるまでザルにあげ流水にさらす。

茹でたホウレン草をミキサーに入れ、様子を見ながらギリギリでミキサーが回る程度の水(分量外)を足し、ペーストにする。完全にペーストにしないと煮込む際に水分が分離すると思います。

【仕込み2】
大蒜を多少ブツ切りにし、少量の水(分量外)とともにミキサーにかけ、ペーストにする。

【作る】
サラダ油大さじ2と赤唐辛子・クローブ・シナモン・カルダモンを入れ弱火で加熱し、クローブ・カルダモンが油を吸ってプックリしてきたらタマネギを入れ、キツネ色まで炒め、ホールスパイスを抜く。

ニンニクペーストを入れ、水分が飛ぶ程度まで炒める。煮込みスパイスを入れ、軽く炒める。
トマトジュースを入れ、水分がほぼ飛ぶまで10分煮詰める。

別鍋にサラダ油大さじ1とクミンシードを入れ弱火で加熱し、クミンシードが焦げ始めたら鶏肉を入れ、水分が飛ぶまできっちり炒める。

ほうれん草のペーストと塩と仕上げスパイスを入れ、一煮立ちしたら盛り付け、鶏肉を乗せて生クリームをまわしかけ、完成。
スポンサーサイト

アルパラク ( ジャガイモとホウレン草のカレー )

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

アルパラク
時間が経っているのでパラクの色がくすんでます。これぐらいの色の方がお店っぽい?

レシピという程のものではありませんが、前日のパラクパニールの残りに別の具材を入れてみました。ジャガイモ(アル)なのでアル・パラクですね。

【材料・レシピ】
パラクソース 適量
茹でたジャガイモ 適量
トマト 適量
生クリーム 適量

パラクソースを温め、茹でたジャガイモとトマトを入れ、トマトが温まったら完成。
具材にコクが無いので盛り付けてから生クリームなど。

パラクパニール ( ほうれん草とチーズのカレー ) レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

パラクパニール
美味しそうなんだか美味しくなさそうなんだか、真緑のパラク!

パラク(ほうれん草)とパニール(インドのカッテージチーズ)のカレー、パラク・パニールです。過去数年間、何度作っても何かが違う感じでしたが、ようやく満足のいく物が作れました。チューボーですよ!のレシピを横目に適当アレンジです。

サグ・パニールと呼んだ方が通りが良いかもしれませんが、ほうれん草=サグは間違いらしいです。サグパニールしかり、サグチキンしかり。
2009.3.30)洋書のレシピを色々見ていると、ほうれん草=サグの記述が多々ありますね。。。
この勘違い?は日本に限らないようです。

過去にしっくりこなかったときにはホウレン草のコクの不足を補う為に、カシューナッツを入れたり、生クリームを入れたり、ヨーグルトを入れたり、ココナッツミルクを入れたり、トマトを増やしたり、玉ねぎを増やしたり、、、すると色が真緑じゃなくなってしまってorzもう無理だやめようorz渡辺氏のレシピで作ったら想像と違うのが出来るしorz

・・・等と思っていましたが、分かってしまえばなんて事は無い、「大量のニンニク」が色を落とさずにコクを補う肝でした。香りの柱は、バターチキンでお馴染みカスリメティ。入れる前と入れた後では香りが全然違います(個人的には必須)。

緑色を強調したカレーを作りたかったので、色に影響するスパイスは意図的に入れていません。また煮込みも短めで、フレッシュ感のある仕上げにしています。ある程度煮込んだ方が良いと言う説や、二日目の方が美味しいという説もありますが、そのあたりは私の好みということで。

見た目はホウレン草全開ですが、味はちゃんとカレーしてますよ~。旨いです。


【材料】
パニール 200g(冷凍の既製品)

ほうれん草 2束(20~24株ぐらい)
重曹 小1
タマネギ 1個(細か目のみじん切り)
大蒜 1個(≠1片)
トマトジュース 160g
生姜 適量(千切り)

サラダ油 75cc(大5) ※大3ぐらいにした方が良いかも。
塩 小2弱

(スターター;ホール)
クミンシード 小1
シナモンスティック 1本
クローブ 5個
カルダモン 5個

(煮込みスパイス;パウダー)
レッドペッパー 小1
コリアンダー 大1

(仕上げスパイス;カスリメティ以外を乾煎りして、カスリメティごとミルサーで挽く)
クミンシード 小1/2
シナモンスティック 2cm
クローブ 2個
グリーンカルダモン 2個(中の種のみ)
ベイリーフ 1/4枚程度
カスリメティ 大1

【仕込み1】
ホウレン草を茹でる用の鍋に半分ぐらいの水(分量外)と重曹を入れ、沸騰させる。
沸騰したらザク切りにしたホウレン草を入れ(先に茎を入れ、次に葉を入れる)、全体的にクタっとなったら引き上げる。茹でる時間はせいぜい数分のオーダーです。(鍋のお湯が再沸騰しないぐらいで引き上げる)
完全に冷めるまでザルにあげ水にさらす。

茹でたホウレン草をミキサーに入れ、様子を見ながらギリギリでミキサーが回る程度の水(分量外)を足し、ペーストにする。

重曹を入れているのは、ホウレン草の色を緑で止める為です。

【仕込み2】
大蒜を多少ブツ切りにし、少量の水(分量外)とともにミキサーにかけ、ペーストにする。

【仕込み3】
パニールを2cm角程度に切り、素揚げする。

【作り方】
鍋にサラダ油とスタータースパイスを入れ火にかけ、クミンシードがシュワシュワしてきたら玉ねぎを入れ、キツネ色?(飴色まではいかないぐらい)まで炒める。
炒めたらクミンシード以外のホールスパイスを抜く。

大蒜ペーストとトマトジュースと煮込みスパイスを入れ、10分程煮詰める。
(水分が殆ど飛んで油が浮いてくる程度)

ホウレン草のペーストと塩と仕上げスパイスを入れ、ホウレン草ペーストが沸騰して温まったら盛り付けて、素揚げしたパニールと生姜の千切りをトッピングし、完成。

【メモ】
サラダ油はもう少し減らした方が良いかもしれません。(大3~大4)
ちょっと油っぽくなったのが反省点です。チューボーですよ!レシピの1/3ぐらいまで減らしたのですが、それでも多過ぎでした。ってかチューボーですよ!は本当に成功したのかなぁ・・・

材料の種類が少ないので、ホウレン草や大蒜の品質・量、水加減によって、味と香りが変わりそうな気がします。なので塩加減は味を見ながら調整した方が良いと思います。myblackmamaさんのご意見も参考に、味と香りが物足りなければバターを大1程度足すのも味と香りが落ち着いて良いと思います。(今回は十分だったので足しませんでしたが)

同じレシピで作ったベースのパラクに、焼くか茹でるかした鶏肉を入れればパラクチキン、茹でたジャガイモを入れればアルパラク、ですかね。アルパラクの場合はコクを補う為に生クリームを入れた方が良いかも?

チキンやジャガイモに加えて、生のトマトを入れて軽く温める程度で食べるのも良さそうです。

市販のカッテージチーズをどうにかして固めればパニールになるのかな(^^;

【おまけ】
パラタ
今回はパラタとともに食べてみました。

【おまけ その2】
衝動買い
今日、本屋さんで衝動買い(ジャケ買いw)しちゃいました。
帯には「カレーの誘惑に屈しなかった者などいないのだ。」というスバラシイ一言。
カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。