1. Top
  2. » 2010/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギチキンカレー レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ネギクサー

ネギチキンカレー

お馴染みの(?)顔の濃いオッサンのサイトを眺めていたら、Spring Onion Chickenという怪しげなレシピが掲載されていました。スプリングオニオンは分葱という説が有力ですが、分葱(葱)+カレーという組み合わせに興味をそそられます。という事で作ってみました。分葱は売っていなかったので万能ネギ+タマネギで代用しています。

これをカレーと呼んで良いのかどうか分かりませんがw、なかなか面白い味と香りです。
ネギの香りは加熱してスパイスと合わせる事で然程でもないですね(とはいえネギなので、そこそこ凄い香りがしますがw)。

ちょっと仕上げに入れたガラムマサラが邪魔な感じで微妙に残念でしたが、結構おもしろい料理でした。
インドにも葱(分葱)があるかどうかは未確認です。

作っているところ

【材料】
鶏もも肉 500g(皮を外して一口大に)
タマネギ 1個(みじん切り)
サラダ油 大さじ1
万能ネギ 1把(小口切り)
ココナッツミルクパウダー 小さじ1
ニンニク 1/3個
ショウガ 親指大
塩 小さじ1 1/4
レモン果汁 大さじ1
コリアンダーリーフ 1株(みじん切り)

(ホールスパイス)
クミンシード 小さじ1

(パウダースパイス)
赤唐辛子 小さじ1/2
コリアンダー 大さじ1
ターメリック 小さじ1/4

(仕上げスパイス)
ガラムマサラ 小さじ1/4 ※入れない方が良いかも

【作り方】
ニンニクと生姜を少量の水とともにミキサーにかけペースト状にしておく。

鍋にサラダ油とクミンシードを入れ加熱し、少し焦げ始めるまで弱火で加熱する。

タマネギとココナッツミルクパウダーを入れ、タマネギに火が通るまで炒める。
ニンニク生姜ペーストを入れ、水分が飛ぶまで炒める。

パウダースパイスを入れ、軽く炒め合わせる。

鶏肉を入れ、表面の色が変わるまで炒める。
万能ネギと塩を入れ、蓋をして10分ほど蒸し煮にする。

ガラムマサラを入れザッと炒め合わせ、レモン果汁・コリアンダーリーフを入れて混ぜたら完成。
スポンサーサイト

カレーリーフライス(別バージョン) レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

カレーリーフライス

カレーリーフの収穫時期が本当に限界になったので、カレーリーフライスを作りました。
前回とは違い、スパイス無しのココナッツミルク有りバージョンです。参考レシピは定番のこのオッサン

これも美味しい!
前回のものとは言うほど違わなくて、バター・ココナッツミルクが入りつつ炒めているので香ばしい風味になっています。どちらが好みかというと、どちらも良いですね。どちらもカレーリーフの柑橘系の香りが前面に出てきます。

収穫シーズン終了間際に気付いたのが悔やまれます。かなり簡単にササっと作れるので、来年はカレーリーフライスを連発していると思います。オススメ。

作っているところの写真はFacebookのアルバムに

【材料】
お米(出来れば長粒種) 2合
カレーリーフ 2枝(40~50枚程度)
タマリンドペースト 小さじ1
ココナッツミルクパウダー 20g
ハラペーニョ 2本(ヘタだけ取る)
バター 20g
赤唐辛子 1本(ザク切り)
塩 小さじ1

【作り方】
お米は炊いておく。

ミキサー(或いは刃が付いているミルサー)にカレーリーフの葉・ココナッツミルクパウダー・タマリンド・ハラペーニョを入れ、少量の水とともにペースト状にする。

鍋にバター・赤唐辛子を入れ加熱し、バターあるいは赤唐辛子が焦げる直前まで加熱する。
ペーストと塩を入れ、ペーストの水分がほぼ飛ぶまで炒める。

ライスを入れ、ザッと炒め合わせたら完成。

メーティー・パニール・マサラ レシピ

総合評価:★★☆(´・ω・`)ニガウマーマー

メティ・パニール・マサラ

またまた生メーティー(メティ、フェヌグリーク)を自家栽培し、淡白なパニールと合わせてマサラを作ってみました。10号鉢に目一杯かなり密植気味で一ヶ月育てましたが、全部刈り取ってちょうど100g少々。なんとか一品作れる量になりました。今の時期は害虫も付きにくいですし秋頃から育てるのが良いのかもしれません(今からだと寒さで厳しい気もしますが)。

メーティーを使った料理は色々あるようで、適当に「methi+何か」でインターネット検索をすると、結構色々とヒットします。pulao、paneer、gosht、kheema、aloo、gobhi、matar、、、(この手はインド料理のレシピを捜索する時によく使います。適当な単語を2つ組み合わせると料理名になります)
で、過去2回の経験から、「生メーティーには淡白な食材が合う」と思い、メーティー・パニール・マサラを選択(ちょうど冷凍パニールが余っているというのもありつつ)。

結論。「トマトに押し負けた」

メーティーの味は繊細ですね、、、香りは残っていましたが、独特の苦味はかなり紛れてしまいました。実は作る時についつい苦味抜きで塩をふって水分を出したのですが、その工程が余計だったかもしれません。メーティーを生かそうと思いスパイス遣いがかなりシンプルなレシピを選択したのですが…

あと、コリアンダーリーフが余計でした。前々から薄々思っていたのですが、ベジ系のサブジにはコリアンダーリーフが香りの邪魔になる事が多いですね。こちらは「押し勝っちゃう」とでも言いますか。素材を生かすのは難しいです。

過去の生メーティー料理)
アールー・メーティー
キーマ・メーティー

作っているところの写真はこちらに貼ってみました。

ところで。
最近の(一部)ブームに乗っかり、Facebookにページを作りました。Facebookにアカウントをお持ちの方は、「いいね!(Like)」しておいて頂けるとブログの更新情報がニュースフィードに流れます。
(先週から当ページ右下の方にひっそり載っけてましたが、どなたからも「いいね!」されないので恥ずかし気もなく告知w これで1件も増えなければもっと恥ずかしい…)

カレーのレシピを研究してみるブログ


【材料】
冷凍パニール 300g(2cm角に切る)
サラダ油 大さじ1
玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
生メーティーリーフ 100g(4~5cmのザク切り)
カットトマト 1/2缶
生姜 3cm角(すりおろす)
ニンニク 1/2個(すりおろす)
青唐辛子 2本(ヘタと種を取ってみじん切り)
生コリアンダーリーフ 適量 ※入れない方が良い。
塩 小さじ1 1/2

(パウダースパイス)
コリアンダー 大さじ1
赤唐辛子 小さじ1/4
アムチュール 小さじ1

【作り方】
刻んだメーティーに塩小さじ1を振りかけ、軽く混ぜて20分置いておく。

鍋にサラダ油と玉ねぎを入れ、透明になるまで炒める。
生姜・ニンニク・青唐辛子を入れ、軽く炒めて香りを出す。メーティーを水気を絞ってから入れ更に炒める。

パウダースパイスを入れ軽く炒める。

トマトと塩小さじ1/2を入れ、5分ほど炒める。
パニールを入れ、更に炒める。

コリアンダーリーフ少量を混ぜ込んで完成。

チキン・ジャルフレジ(ジャルフレーズィー) レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

Chicken Jalfrezi

チキン・ジャルフレーズィー(Chicken Jalfrezi;またはムルグ・ジャルフレーズィーMurgh Jalfrezi)を作りました。

ジャルフレーズィー(ジャルフレジ、ジャルフレージー)ってなんやねんという話ですが、元々の語源は「jal in Bengali means 'pungently spicy' and frezi, 'stir-fry'」なんだそうです。日本語にするとスパイシー炒め…?
「で?」みたいな語源です。これだけでは料理の特徴を殆どなにも表していないですね。ただ元はベンガル地方の料理だという事はわかります。

ベンガル料理→バングラデシュ人が渡英してインド料理屋を開いた関係からか、この料理はイギリス人が好きみたいで、イギリスではメジャーなインド料理らしく、イギリスの本や渡英された方のブログなどではやたらと頻出します。

ざっと調べただけですが、Jalfreziは「Chicken Jalfrezi」と「Vegetable Jalfrezi」が主流なんですかね(Mutton JalfreziとかBeef Jalfreziもありますが)。

今回作ったChicken Jalfreziの特徴は、調べていくと「ピーマンと鶏肉を炒めたドライタイプのカレー」を指す事が一般的だと思いました。例によってWikipediaにはいろいろ書いてありますが、見た範囲ではとにかく「ピーマンまたは甘い唐辛子」を入れた方が良い(多数派)との印象。ただピーマンが入らないレシピも多々ありましたので、「ここを満たせばJalfrezi」というポイントは厳密には無さそうな気がします。イギリスで独自発展したような記述もありましたので、インドのJalfreziとイギリスのJalfreziが同じ料理を指すかどうかも気になります。

見たままなので味の感想はそんなにないですが f(^^;;
結構おいしくできました。


【材料】
鶏胸肉 500g(皮を外して一口大に切る)
玉ねぎ 1個(1cm幅にスライス)
ピーマン 2個(2cm角に切る)
パプリカ 1/2個(2cm角に切る)
カットトマト3/4缶
ニンニク 3~4片(すりおろす)
ショウガ 親指代 (すりおろす)
サラダ油 大さじ2
塩 小さじ1強
バター 10g
レモン果汁 小さじ1
コリアンダーリーフ 1~2株(みじん切り)

(ホールスパイス)
クミンシード 小さじ1

(パウダースパイス)
赤唐辛子 小さじ1/4
ターメリック 小さじ1/4
クミン 小さじ2
コリアンダー 小さじ2
ガラムマサラ 小さじ1

【作り方】
鍋にサラダ油とクミンシードを入れ弱めの火で加熱し、少し焦げ始めたら鶏肉を入れ、焼き色が付くまで炒める。

ニンニク・生姜・パウダースパイスを入れ、軽く炒める

ピーマンと玉ねぎを入れ、数分炒める。
トマトと塩を入れ、5分炒める。

バター・レモン果汁・コリアンダーリーフを入れ、ざっと混ぜ合わせて完成。
カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。