1. Top
  2. » 2011/04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッグ・コットゥ・パロタ Egg Kothu Parotta レシピ

kothu parotta

南インドのパロタ(北インドで言うところのパラタ;パラーター;paratha)を刻んで(KothuあるいはKottu)、玉子で和えた料理。Kothu Parottaはタミル語だがカタカナ表記は適当… スリランカで言うところのコットゥ・ロティ Kottu Rotiにあたり、肉が入ったりする事もあるみたい。今回のレシピは定番ShowMeTheCurry.comの丸パクリ。
味はなんというか、粉もん+玉子の組み合わせがお好み焼きテイストで思いのほか腹にたまる。

この料理に限らないが淡白な料理への生姜・パクチー・ガラムマサラの使い方は難しい… しょっちゅう失敗している気がするが、今回も少し多かったようでやや微妙な仕上がり。まあでも元々そんな驚くほど美味しい料理でも無いと思うのでこんなものか。

パロタは冷凍物を使用した。冷凍物のパロタ(パラタ)はポロポロと崩れ易いものと崩れにくいものがあるが、今回は崩れにくい方を選択。

作ってるところ

総合評価:★★☆

【材料】
パロタ 3枚(焼いた後、2cm角程度に切る)
サラダ油 大さじ1
タマネギ 1/2個(みじん切り)
おろし生姜 小さじ1
トマト 1個(粗く刻む)
青唐辛子 2本(ヘタと種を取ってみじん切り)
パクチー 1株(みじん切り)
玉子 2個
塩 小さじ1/2
※本当はカレーリーフも入るが季節外れで無し

(ホールスパイス)
マスタードシード 小さじ1/4

(パウダースパイス)
チャートマサラ 小さじ1/4
ガラムマサラ 小さじ1/4
赤唐辛子 小さじ1/4

【作り方】
鍋にサラダ油とマスタードシードを入れ加熱し、マスタードシードが弾けたら、タマネギを入れて透明になるまで炒める。
ショウガと青唐辛子を入れ軽く炒め、トマトを入れ5分ほど炒める。

パウダースパイスと塩を入れ、軽く炒める。
パクチーを入れ軽く炒める。
パロタを入れ軽く炒める。

玉子を割り入れ、崩しながら火が通るまで炒める。
スポンサーサイト

ネパール風ダール・スープ Nepali Dhal レシピ

daal.jpg

ネパール風のダール・スープを意識しながらダールを作った。

・トマトやココナッツミルクと言った、安直に旨味が出る素材は使わない
・スパイスは控え目に
・粘度はやや緩めに
・なんとなくジンブーを入れる

結果、そこそこ美味しい仕上がり。
豆のカレーは単品でメインにしようとすると各種の旨味をかなり強めに入れないとバランスが取れないが、脇役だと割り切って作ればシンプルな作り方でも問題ない。

そこそこ美味しかったものの、以下、次回に向けたメモ。

・豆と水を1:5で作ったが、もう少し水分が多くても良い。1:6~7くらい?
・塩がやや強いので、塩そのままで水を足したい
・ニンニクは圧力鍋での加熱でかなり香りが飛んだ。もっと入れても問題ない。または、仕上げに少し生を刻んで入れても良い
・トゥールは思ったよりも癖が強かった。別の種類の方が良いかも(ウラドは除く)。または、トゥールのままであれば少し酸味(レモン)を入れてみる。
・ショウガを入れても良かったかも、パクチー散らしても良かったかも

つくってるところ

総合評価:★★★

【材料】
トゥール・ダール 100g
水 500cc
ニンニク 1/4個(みじん切り)
塩 小さじ1
ギー 大さじ2
タマネギ 1/3個
ジンブー 小さじ1/2
赤唐辛子 2本

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1/2
ヒング 0.3cc

【作り方】
圧力鍋にダール・水・ニンニク・ターメリック・塩を入れ加熱する。沸騰したら弱火にして10分加圧し、火を消して10分放置する。
泡立て器かなにかで豆を軽く崩す。

別鍋にギー・ジンブー・唐辛子を入れて弱めの火で数分加熱し、唐辛子が少し焦げ始めたらヒングを入れて軽く炒め、タマネギを入れ、タマネギに火が通ったらダールに合流させる。

5分ほど煮込んで味を馴染ませて完成。
カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。