1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ビーフ
  4. » マドラス風マサラ・ビーフ レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドラス風マサラ・ビーフ レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

マドラス風マサラ・ビーフ

マドラス風の牛肉炒めです。
牛肉に黒胡椒主体のスパイスを合わせ、ビネガーとタマリンドで酸味を加え、フレッシュなカレーリーフとコリアンダーリーフの香り。良いツマミができました。

参考にしたレシピよりも黒胡椒を大幅に増量したりカレーリーフを追加したりと、いつものように勘でアレンジしています。今回は忘れていましたが、仕上げに黒胡椒の粗挽きを振りかけると一層美味しくなりそうな気がします(個人的に最近、黒胡椒の粗挽きにハマっています)。
前に作ったゴアビーフカレーと違って酸味成分を入れている分、牛肉特有のしつこさが中和され丁度イイ感じになりました。

元ネタ本には著者が「大学の友達に教えてもらったレシピ(意訳)」とアッサリ書いてありました。牛肉+ペッパーという組み合わせはケララのビーフペッパー炒めと同じですので、南インドのキリスト教徒の方の調理方法でしょうか。
ただ肉+タマリンドの組み合わせは古いタミル族の文献にも登場するらしいので、もしかしたら歴史の長い調理方法なのかも知れません。

あと「クローブ2個、カルダモン2個、シナモンスティック1/2インチ(1~2cm)」というレシピが、私がよく作る似非ガラムマサラと同じ配合だったので地味に嬉しかったりします。

【材料】
赤身の多い牛肉 450g(食べ易い大きさに切る。細切り推奨)
黒胡椒パウダー 小さじ3
塩 小さじ1

カシューナッツ 60cc
バター 30g

サラダ油 60cc
玉ねぎ 1個(薄切り)
ニンニク 2片(みじん切り or すりおろし)
生姜 親指大(みじん切り or すりおろし)
生のカレーリーフ 1枝(10~15枚)
赤ワインビネガー 10cc(もう少し多くても良いかも)
タマリンド 大さじ1/2+お湯60cc(揉み出した後、濾しておく)
コリアンダーリーフ適量(みじん切り)

(ホールスパイス;ミルサーでパウダーにする)
クローブ 2個
シナモンスティック 2cm
カルダモン 2個(殻を外し中の種のみ使用)

(パウダースパイス)
レッドペッパー 小さじ1/2
ターメリック 小さじ1/2
クミン 小さじ1
コリアンダー 大さじ1

【作り方】
牛肉に塩小さじ1/2と黒胡椒をまぶし、1時間寝かせる。

鍋にバターを入れ加熱し、カシューナッツを入れ、黄金色まで炒め、バターを切って皿にあげておく。

残りのスパイス類(黒胡椒以外の全部)を混ぜ、赤ワインビネガーを混ぜ、ペースト状にしておく。

鍋にサラダ油を入れ、牛肉を入れ全体が色付くまで炒め揚げし、牛肉を取り出す。
同じ鍋に玉ねぎを入れ色付くまで炒め、ニンニクと生姜とカレーリーフを加え香りを出し、スパイスペーストを入れ混ぜ合わせ、牛肉を戻す。

タマリンドを濾したお湯を入れ、塩小さじ1/2を入れ、蓋をして15分煮る。

仕上げにカシューナッツを混ぜ込み、盛り付けてコリアンダーリーフを散らし、完成。

【おまけ】
調理直前にベランダで収穫したコリアンダーリーフとカレーリーフ。まさに地産地消。
コリアンダーリーフとカレーリーフ

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。