1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 没レシピ
  4. » 豚肉のオレンジカレー 微調整版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚肉のオレンジカレー 微調整版

※改良版はこちら

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

豚肉のオレンジカレー

前回作ったものにバランス調整をかけました。

・オレンジの酸味が強かったので、別の酸味(赤ワインビネガー)をぶつける
 (オレンジジュース+赤ワインで豚肉を煮込むレシピを見かけたので、その応用)
・同様に、ニンニクを入れて旨味をぶつける
・同様に、ハチミツを増量し甘味をぶつける
・食感が悪かったのでスパイスを減らす
・玉ねぎはすりおろしに変更しつつ、その他の旨味成分を増量したので玉ねぎは減量
・バターを増量し、バターでテンパリングしたシナモンスティックを仕上げに入れて香りをぶつける
 (バター+シナモンはフルーツに合うだろうと)

ここまでやっても、期待に反して出来上がりのオレンジの酸味・風味がバラバラな感じなのは変わらず。。。酸味が強い場合の定番リカバリ方法として、とりあえず半日寝かせてみたところ、酸味は落ち着いたもののオレンジ風味は相変わらず浮いている状態。

もしやと思ってオレンジジュースのパックを見たところ、原材料に「香料」が入っている事に今更ながら気付きました。一向に馴染まないオレンジ風味の原因はこれかな・・・(違うかも・・・)
手抜きせずに手で搾れば良かったかもしれません。
そもそもオレンジジュースの香料は、果汁を濃縮・還元する過程で飛んでしまった香りを補う為に入れているそうで、つまり変化に強い香料を使用しているという可能性も無くは無さそうです。ただし濃縮還元オレンジジュースの香料は天然由来の香料に限るらしく、香料の香りが一概に熱に強い(⇒即ち馴染まないオレンジ風味の原因)かどうかは良く分かりませんね。

トマトやヨーグルトなんかだと水分が多い方が酸味を感じる(煮詰めて濃度を上げた方がむしろ酸味が飛ぶ)というのもありますが、オレンジの場合はどうなんでしょうね。前回は煮詰め気味、今回はシャバシャバ気味で仕上げたものの、両方共にオレンジ風味が浮いている感じは変わらなかったので、水分量の問題ではない気がしますが・・・

純粋に“こういう料理”である可能性も捨て切れないんですけど f(^^;

最終的には、出来の悪いポークビンダルーみたいな仕上がりになりました。うーん。
ただ肉だけを食べている分には悪くない出来です。グレービーを口にすると味がバラバラですが。

おそらくトマトを入れると味が纏まる予感がするのですが、そこまでするなら素直にポークビンダルーかシムラー風のカレーにした方が良さそうな気がしますし、悩ましいところです。

【材料】
豚肩ロース 600g(3cm角)
玉ねぎ 1/2個(すりおろす)
生姜 親指大(すりおろす)
ニンニク 3~4片(すりおろす)
ハチミツ 大さじ2
塩 小さじ2
オレンジ果汁 200cc
赤ワインビネガー 50cc

(パウダースパイス)
レッドペッパー 小さじ1/2
ターメリック 小さじ1/2
コリアンダー 大さじ1/2
ナツメグ(メース) 小さじ1/2
黒胡椒 小さじ1

(仕上げ用)
バター 大さじ2
生カレーリーフ 15~20枚
シナモンスティック 3~5cm

【作り方】
仕上げ用以外の材料を全て鍋に入れ、1時間煮込み、半日寝かせる。

別鍋にバターを温め、カレーリーフとシナモンスティックを入れ香りを出し、カレーの鍋にジューっと入れたら完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。