1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ポーク
  4. » マドラス風 豚肉のオレンジカレー レシピ完成版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドラス風 豚肉のオレンジカレー レシピ完成版

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

マドラス風 豚肉のオレンジカレー

ようやく、納得のいく味に。
前回前々回と同じく、豚肉をオレンジで煮込みました。3週連続で豚肉+オレンジ。
水は使っておらず、赤ワインビネガー以外は全て食材の水分だけで煮込んでいます。

前回・前々回は市販の濃縮果汁還元100%のオレンジジュースを使用しましたが、今回はオレンジを手絞りして作っています。市販のオレンジジュースを使用した場合は、煮込んでも寝かせても、オレンジのツンと鼻をつく香り(おそらくオレンジ香料)が一向に消せませんでしたが、今回はオレンジの香りが丁度良いぐらいに纏まり、良い感じです。
前回作った後に、カレー屋さん開業を目指して準備をされているでんでんさんから「生のオレンジで試した所、「寝かせ」で風味は落ち着いた」とコメントを頂きましたが、まさにその通りでした。

具体的に言うと、前回・前々回は「オレンジ以外の香りは口の中で纏まるのに対してオレンジの香りだけは鼻に抜ける感じ」だったところが、今回は「オレンジの香りも含めて口の中で纏まる様な感じ」です。(抽象的?)
結論だけを見れば、「市販のオレンジジュースよりも生のオレンジを手絞りした方が美味しい」という、実に当たり前で、本職の人には鼻で笑われそうなアホみたいな結論ですが、自分で試して実感する事に意義があると思い込む事にします f(^^;;

また、材料をよく見ると「いかにもインド」という材料はカレーリーフぐらいしか使っていない事に気付いた為、いっそヨーロッパ風にという事でカレーリーフを省略し、バターを増量し、食べる際はバゲットと合わせてみました。(既にマドラス風では無い気がしますが・・・)

柑橘系の香りなので、ライスよりもバゲットと合わせた方が良い様な気がします。
前に作ったチャナマサラも、柑橘系の香りの為(正確に言うとアムチュール;ドライマンゴーですが)、バゲットと合わせると良い感じでしたね。

前回からの微調整)
・オレンジジュースを手絞りに
・コリアンダーパウダーを結果的には増量(分量間違えた f(^^;;)
・バターとシナモンを増量
・カレーリーフを入れない
・塩を減らし、若干煮詰め気味に

更に言うと、仕上げに黒胡椒の粗挽きを振りかけても良さそうな気がします。
極端な味がお好みではない場合は、オレンジを半分にしてトマトを入れれば、多分旨いと思います。


【材料】
豚肩ロース 600g(3cm角)
玉ねぎ 1/2個(すりおろす)
生姜 親指大(すりおろす)
ニンニク 3~4片(すりおろす)
ハチミツ 大さじ2
塩 小さじ1/2
手絞りのオレンジ果汁 200cc(小さいオレンジ3個分ぐらい)
赤ワインビネガー 50cc

(パウダースパイス)
レッドペッパー 小さじ1/2
ターメリック 小さじ1/2
コリアンダー 大さじ1
ナツメグ(メース) 小さじ1/2
黒胡椒 小さじ1

(仕上げ用)
バター 40g
シナモンスティック 1/2本

【作り方】
仕上げ用以外の材料を全て鍋に入れ、蓋をして1時間煮込み(或いは保温調理)、半日寝かせる。
寝かせた後、蓋を外して15分ほど煮込んで少し煮詰める。

別鍋にバターの半量を弱火で温め、シナモンスティックを入れ暫く加熱し香りを出し、グレービーの鍋にジューっと入れる。
残り半量のバターはグレービーに直接入れ、一煮立ちさせれば完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。