1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » シーフード
  4. » フィッシュ・コフタ・カレー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュ・コフタ・カレー

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

フィッシュコフタカレー

フィッシュ・コフタのカレー。
香味野菜を混ぜ込んで作った海老入りのタラのつみれ(フィッシュ・コフタ)を具材とし、トマトピューレ・エバミルクがベースのグレービーに絡めました。グレービーは以前作ったマライコフタと酷似していますね。
(全然別のレシピに関わらずグレービーの組成やスパイス使いが似ているのを発見すると、インドカレーの法則を見付けた様な気分でちょっと楽しくなりますね)

アジア系のシーフードカレーというと、ココナッツミルク+生ハーブ類(タイバジル、カレーリーフ、こぶみかん、etc)という組み合わせが定番ですが、ちょっと目先を変えたシーフードカレーを作りたいな、、、と思ってレシピを漁っていたらこのレシピを見付けました。いつものようにノリでアレンジしましたが f(^^;;

結構旨く出来ました。マライコフタの時も思いましたが、トマト+エバミルクのグレービーはかなりイケてます。エバミルクは生クリームと比較すると乳脂肪分が格段に少ないですので、コクがあるけどアッサリ、、、アッサリは言い過ぎですが、コクがあるけどしつこくない仕上がりです。その分、少し乳臭いですけどね。
また、コフタも若干メリハリに欠ける・・・香味野菜やスパイス使いにもう少しエッジを効かせた方が良かったですが、何れにしろかなり良い出来でした。

もっと思いっきり香味野菜とスパイスを利かせて、魚も味の強いものを使うのも面白そうです。サバカレーとかw
歯応えに難ありなので、そこもどうにかしたいところです。

フィッシュコフタの断面
コフタの断面図。ちょっと海老が寂しい。
香味野菜をもう少し増やしたい、また、日本人の美感的にはターメリックを入れる必要が無い?など、改良の余地は多々あるが素質は悪くない。

【コフタの材料】
海老 4尾(1cm程度のブツ切り) ※もう少し多くても良いかも。
タラ 400g(骨を抜き、皮をむいておく)
塩 小さじ3/4 ※もう少し多くても良いかも。
青唐辛子 2本(種を外してザク切り) ※もう少し多くても良いかも。
生コリアンダーリーフ 1株(根も含めてザク切り) ※もう少し多くても良いかも。
ニンニク 2片(ザク切り)
ターメリック 小さじ1/2 ※入れなくても良いかも。
チャナ・フラワー(チックピーフラワー、ベースン、ベッサン) 小さじ2
※若干、生臭かったので、おろし生姜を少し入れた方が良いかもしれません。

【グレービーの材料】
エバミルク 250cc
トマトピューレ 大さじ5
玉ねぎ 1/2個(繊維を断ち切る方向に薄切り)
生姜 親指大
ニンニク 1/2個
サラダ油 大さじ4
水 250cc
塩 小さじ1 1/2
砂糖 小さじ2

(スターター;ホール)
カルダモン 8個
クミンシード 小さじ1/2

(煮込みスパイス;パウダー)
コリアンダー 小さじ2
クミン 小さじ1
レッドペッパー 小さじ1
ターメリック 小さじ1
シナモンスティック2cm分
カルダモン 2個分(中の種のみ)
クローブ 2個分

【コフタを作る】
海老以外の材料をフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。
ペーストになったらブツ切りの海老を入れ混ぜ込んでおく。

【グレービーを作る】
生姜とニンニクを少量の水と共にミキサーにかけ、ペースト状にする。

鍋にサラダ油とスタータースパイスを入れ加熱し、カルダモンがプックリしてきたら玉ねぎを入れ、キツネ色になるまで炒める。

ニンニク生姜ペーストを入れ軽く炒め、香りを出す。
煮込みスパイスを入れ軽く炒め、香りを出す。

トマトピューレ・エバミルク・水・塩・砂糖を入れ、沸騰させる。

【仕上げ】
コフタの材料を3~4cm程度の団子状に丸め、グレービーに入れる。
10分ほど煮込んだら完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。