1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 没レシピ
  4. » カルダモンチキン別バージョン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルダモンチキン別バージョン

総合評価:★☆☆(゚д゚)オエ-

カルダモンチキン2

予想された事態ではあるが・・・

・カルダモン多過ぎ
・旨味なさ過ぎ

うーん。没。

※追記※
味的には、カルダモンが「辛い」そして「苦い」、です。大量に食べるとカルダモンは辛くて苦いスパイスだと実感しましたf(^^;;
恥ずかしながら食べきれませんでした。以前に作ったカルダモンチキンと比較すると、水分量の違いも加味すると体積あたりおそらく倍近いカルダモンを入れている事になりそうです。以前のヨーグルト+ココナッツミルクで作ったカルダモンチキンは、ちょうど良い位の突き抜け方(エッジが効いているが、常人の味覚でも食べられる限界ライン)だったのですが、何事も入れ過ぎは良くないですね。

元々のレシピは、似た様なグレービーでラム肉を煮込んでいるレシピだったのですが(強いスパイスでラム肉の個性をマスキングする方式ですかね)、以前作ったカルダモンチキンと対比させよう・・・と思ってチキンで作ってみました。

ちなみに元のレシピではニンニク生姜が入っておらず最初は比較的忠実に作っていたのですが、味見をしたところ殆ど味がしなかったので、途中でニンニク生姜をペーストにして入れました。これで多少はマシに、、、なったのですが、味の組成は結局のところ北インド風チキンカレーから旨味成分を減らした様な感じなんですよね・・・。これ以上味のバランス調整をすると、本当に只の北インド風チキンカレーになりそうです。という事で完全に没。

カルダモンを効かせたチキンカレーという意味では、素直に、オーソドックスな北インド風のチキンカレーにカルダモンを効かせるか、以前作った方のカルダモンチキンのレシピを使うか、、、というのが良さそうです。(改めて見てみると、以前のカルダモンチキンもココナッツミルク入れ過ぎなんじゃないの?とか思ったりもしますが f(^^;;;)

レシピを見た時点で「これはダメだろうな~」と思ったのですが、ダメ元で作ったところやはりダメでした。まあ何事も修行というか、入れ過ぎには注意しましょうという事で、、、、


【材料】
鶏もも肉 600g(皮を外して一口大に切る)
ヨーグルト 100g
トマトジュース 190g
サラダ油 60cc
水400cc
ニンニク 1/2個
生姜 親指大
塩 小さじ2

(ホールスパイス)
グリーンカルダモン 30個(中の種のみ)
黒胡椒 小さじ2

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1/2
レッドペッパー 小さじ1
コリアンダー 小さじ2

【作り方】
ニンニクと生姜を少量の水とともにミキサーにかけ、ペースト状にする。

カルダモンと黒胡椒をミルサーでパウダー状にする。
鍋に油を入れ弱火で加熱し、カルダモンと胡椒を入れ、2~3分加熱する。

鶏肉・パウダースパイスを入れ、軽く炒め合わせたらヨーグルト・トマトジュース・水・塩・ニンニク生姜ペーストを入れ、20~30分煮込む。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。