1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 没レシピ
  4. » ポーク・バルチャオ(バルチャン) レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーク・バルチャオ(バルチャン) レシピ

総合評価:★☆☆(゚д゚)フツー

ポーク・バルチャオ

インド南西部ゴアの料理、ポーク・バルチャオ(バルチャン)です。

簡単に言うとポーク・ビンダルーからマスタードを抜いて、エビ風味を追加した料理、になります。結論としては、味はイマイチ。エビの旨味が追加される事を期待していたのですが、実際にはエビの生臭さが追加されただけになりました。これを作る位ならポーク・ビンダルーを作りましょう。

そもそもゴアには、Prawn Balchao(ポルトガル語表記で書くと、Balchão de Camarão)という料理があります。ポルトガル語的にはCamarãoはエビという意味で、Balchão de Camarãoは英語的にはprawn pickleという意味になるそうです。

という事は、Balchao(Balchão)はピクルスあるいはアチャールという意味なのでしょうか。つまりポークのアチャールなのでポークビンダルー、、、となるのかと思いきや、Balchãoにもエビという意味が込められているらしく、ポーク・ビンダルーに何らかのエビ風味(「Balchão de Camarão」自体、或いは、乾燥のエビパウダー)を追加したものをpork balchaoと呼んでいるようです。中には、全くエビが含まれないものをpork balchaoと呼んでいる場合もあるようですが、色々見ている限りではそれは間違いかな~と予想しています。

ちなみにBalchãoというのは実はポルトガル語では無いようで、海南鶏飯食堂オーナーのブログによると、、、おっと引用禁止と書いてあるので引用しませんが、マレーシア料理で言うところのブラチャンがルーツとの事です。

先にPrawn Balchao(Balchão de Camarão)を作った方が良かったかもしれませんね。

桜えびをパウダーにしたのがいけなかったのかな、、、もしかしたら中華材料の乾燥エビであればまた違う味になるかもしれません。

今回は中途半端な出来上がりでしたが、複数の具材から旨味を引き出す、という発想自体はインド料理としては面白いと思いました。

【材料】
(マリネ用材料)
豚肩ロース 700g(3~4cmの角切りに)
玉ねぎ 1/2個
生姜 親指大
ニンニク 1/2個
赤ワインビネガー 125cc
ミルサーで粉末にした桜えび 大さじ1
砂糖 小さじ1

(ホールスパイス;ミルサーでパウダーにする)
鷹の爪 10本(中の種を抜いてから使う)
黒胡椒 小さじ1
クローブ 8個
シナモンスティック 1/2本
クミンシード 小さじ1

(煮込み用材料)
トマト 1個(ミキサーでジュース状にする)
塩 小さじ2
水 300cc

【作り方】
玉ねぎ・ニンニク・生姜をフードプロセッサーで細かいみじん切りにする。
(すりおろした方が良かったかも)

マリネ用材料とスパイスをよく混ぜて、2時間以上、マリネする。

鍋にマリネしたものと煮込み用材料を入れ、沸騰したら保温鍋に入れて2時間保温調理する。
1日寝かせてから再度火にかけ、多少水分を飛ばし気味で煮詰めて、完成。

完成なんですが、味がイマイチだったので、急遽リカバリーとして粉末マスタードを大量投入して疑似ポークビンダルーにして食べました。。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。