1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » たまご
  4. » パルシー風スクランブルエッグ レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルシー風スクランブルエッグ レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

パルシースクランブルエッグ

パルシー風スクランブルエッグ

パルシー風のスクランブルエッグ。スパイス入りのスクランブルエッグをトーストに乗せ、コリアンダーリーフを散らして。

見たまんまの味ですが、まあ普通に旨いですね。
カレー伝道師の渡辺さんが「インド人はこういう食べ方はしません。」と書かれた矢先にそんな食べ方です f(^^;;

パルシー教徒(インドのゾロアスター教徒)(ja.wikipedia.org)の方の食べ方の様で、料理名に「パルシー」の名を冠しています。パルシー(Parsi;Parseeとも)とはペルシャ(Persia)人(転じて、ペルシャから来た人々)を意味する言葉になります。細かくは上記Wikipedia中の「インドのゾロアスター教」部分をご参照ください。有名どころではフレディ・マーキュリーもパルシー出身だそうですし、世界最安自動車「ナノ」で有名な「タタ・モータース」を擁するタタ財閥も、元々はパルシー・コミュニティなのだそうです。

インド料理には「パルシー」の名を冠する料理があり、例えばわりと普通のチキンカレーにドライアプリコットを入れポテトストローをトッピングしたパルシー・チキン・カレーという料理もあるようです。食べた事ないですけど f(^^;;
あと肉と多種類のダルを煮込んだ「ダンサク(Dansak)」もパルシー料理だったりと、不勉強であまり意識した事が無かったのですが、意外といろんなところでパルシーの方々の流れをくむものに接していたようですね。

【材料】 ※2人前
バター 15g
赤玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
ニンニク 1片(すりおろす)
生姜 1cm角(すりおろす)

サフラン 2本
牛乳 大さじ1
玉子 3個
塩 小さじ1/2

青唐辛子 1本(ヘタと種を外してみじん切り)
コリアンダーリーフ 2株(みじん切り)

トースト 2枚

(パウダースパイス)
クミン 小さじ1/4
クローブ 1個分
カルダモン 1個分(中の種のみ)
シナモンスティック 1cm分 ← 多過ぎかも。入れない方が良いかも。
レッドペッパー 少々(0.5ccぐらい)

【作り方】
牛乳を温め、サフランを入れ色を出しておく。
玉子を溶き、牛乳・サフラン・塩を入れ混ぜておく。

鍋にバターを温め、玉ねぎに火が通るまで炒める。
ニンニクと生姜を入れ軽く炒め合わせ、パウダースパイスを入れ、1分ほど炒める。

溶いた玉子を入れ、スクランブルエッグを作る。

適当に火からおろし、青唐辛子を入れ混ぜ合わせておく。

別途トーストを用意し、スクランブルエッグを乗せ、コリアンダーリーフを散らしたら完成。

※スパイスは普通のカレー粉で良いと思います。あと生姜は要らないかも。あとサフランは全く存在を感じなかった・・・

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。