1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 独り言
  4. » チューボーですよ!「チキンカレー」のレシピを見ながら雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューボーですよ!「チキンカレー」のレシピを見ながら雑感

昨日のチューボーですよ!は、チキンカレーでした。

おそらく本日は日本各地でチューボーですよ!レシピを参考にチキンカレーが作られるのだと思いますが、サイトにレシピがあげられているので、それを見ながら雑感など。
※若干批判的な部分もありますが、番組を批判している訳ではありませんし、出演された各インド料理店を批判している訳でもありません。あくまでもサイトにあげられているレシピのみの話です。

以下、レシピ中の気になる点のみ。

×ショウガ60g
かなり多い。カレー伝道師的に親指で言うと、親指3本分ぐらい。1/3ぐらいまで減らした方が良いと思う。

△塩
少し多い気もするが、あり得る量。
ただ水分の蒸発の仕方(鍋の口の広さや火力)で煮詰まり方が変わるので、いきなり最初から全量を入れ無い方が良い。

△サラダ油 100cc
一人前あたり25cc(カロリーで言うと、1人前あたり約200kcalがサラダ油!)という事でかなり多いが、ギリギリ許容出来なくはないレベル。
以前のパラクパニールでは200ccだったので、それに比べれば進歩したんだと思われる。

△グリーンカルダモン・クローブ
ともにホールでいうと10個程度。少し多い様な気もする(半分ぐらいで良い様な気がする)が、ホールスパイスなのでそこまで致命傷でも無いか。香りにメリハリが出るという意味では正解?

○カレーリーフ
料理番組で生のカレーリーフが普通に使われる時代なんだなぁと驚く。
ただ今の時期は生のカレーリーフは手に入らないので、必要であれば冷凍ものを購入の事。ドライのカレーリーフは使わない方が良いです。

×クミンパウダー、フェンネルパウダー
ちょっと幾らなんでも多過ぎる気がする。
限界の量で、クミンパウダーは大さじ1、フェンネルパウダーは小さじ1、ぐらいだろうか。

△コリアンダーパウダー
少し多い様な気もするが、コリアンダーは多く入れてもどうという事も無いので許容範囲か。

××チリパウダー××
そもそもチリパウダーはアメリカ産のミックススパイス(ja.wikipedia.org)です。インドは関係なし。ただ稀に「チリペッパー(レッドペッパー)のパウダー」の事を「チリパウダー」と呼称する人もいるので、もしかしたらそういう理由かもしれない。
仮に「チリペッパー(レッドペッパー)のパウダー」を表しているんだとすると、今度は量が問題になる。今回ぐらいの水分量であれば、小さじ2程度(レシピの半分以下)が普通人が食べられる限界と思われる。
以前のパラクパニールでもチリパウダーと呼称していた(かつ、量が大量だった)ので、確信犯的にミックススパイスとしてのチリパウダーを使用している可能性もアリ。そうだとすると、せっかくカレーリーフまで使っておきながらアメリカスパイスを使わなくても・・・と思う。

△ターメリック
ちょっと多いかな、というレベル。これだけ入れると土臭くなりそう&色が黄色くなりそうな気がする。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。