1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ビーフ
  4. » ビーフ・アル・ゴシュト (アルー・ゴーシュト) レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーフ・アル・ゴシュト (アルー・ゴーシュト) レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

アルゴシュト

Aloo(ジャガイモ)とGosht(肉)を使った煮込み料理、アル・ゴシュトになります。要はインド風の肉じゃがですね(ぉ

羊肉で作るのが本筋ですが、相変わらずあまり羊が好きではないので牛肉で作ってみました。インドの羊肉料理を羊肉以外で作るためにレシピを検索すると、豚肉よりも牛肉の方が数多くヒットするのが少し不思議です。ムスリムの方が公開されているレシピでしょうか。

味の組成ですが、玉ねぎと多めのトマトで構成された煮汁に、無難なスパイスが無難な量入っています(適当な説明…)。また重大な特徴として、赤唐辛子が入っておらず、殆ど辛味はありません。更にブロック肉を使用しインド料理にしては珍しく長時間(1時間強)煮込む事で、良い意味でスパイスのエッジが取れた、丸みを帯びた香りとなっています。

以上の特徴を身も蓋もない一言で纏めると、「スパイス風味のビーフシチュー」といった感じになります。
味的にはもはや一般にイメージするインド料理ではないですが、これも立派なインド料理。

いやホント良く出来たビーフシチューです(自画自賛)。
スパイスが上手く欧風料理(?)に香りの深みを出してくれたのかな(特にクローブ)。旨いです。

尚、ガラムマサラは先週作った自家製のものになります。
同じ様な組成のガラムマサラが手に入らない場合は、以下のスパイスを乾煎りしてミルサーで挽けば大丈夫だと思います。
(一回用ガラムマサラ;小さじ2相当分)
グリーンカルダモン 4個
クローブ 8個
シナモンスティック 2cm
コリアンダー 小さじ1/2
クミン 小さじ1/2
黒胡椒 数粒

また、必ずしも「赤唐辛子を入れない」という訳でも無さそうで、検索した感じだと「入れる派」も「入れない派」も両方共にヒットしました。個人的には、この料理は「スパイス風味のビーフシチュー」をイメージして赤唐辛子を入れずに作るのが良いと思いました。

【材料】
牛肉 800g(3~4cm角に切る)
ジャガイモ 350g(皮をむいて3~4cm角に切る)
サラダ油 大さじ2
玉ねぎ 1個(みじん切り)
カットトマト 1缶(400g)
青唐辛子 3本(ヘタと種を取ってみじん切り)
ニンニク 1/3個
生姜 親指大
トマトピューレ 大さじ1
ベイリーフ 2枚
塩 小さじ2
(好みで)レモン果汁 少々

(パウダースパイス)
コリアンダー 小さじ1 1/2
クミン 小さじ1 1/2
ターメリック 小さじ1/4
ガラムマサラ 小さじ2

【作り方】
ニンニクと生姜を少量の水(分量外)とともにミキサーにかけ、ペースト状にしておく。

鍋にサラダ油を入れ加熱し、玉ねぎとベイリーフを入れ、玉ねぎに火が通る程度に炒める。
コリアンダー・クミン・ターメリック・ガラムマサラ半量を入れ、軽く炒める。

ニンニク生姜ペースト・カットトマト・青唐辛子・肉・水250cc(分量外)・トマトピューレを入れ、蓋をして1時間煮込む。

ジャガイモ・塩・残りのガラムマサラを入れ、10分ほど煮込んでジャガイモに火が通ったら完成。
好みでレモン果汁を搾りながら食べるとサッパリして良いかもしれない。 ← 最近のお気に入り。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。