1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 主食
  4. » ベジタブル・プラオ レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジタブル・プラオ レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーコンナモンダ

ベジプラオ

ジャスミンライスを使って、野菜のプラオを作ってみました。ジャスミンライスは炊飯器で炊けるのが良いですね。
今回はジャガイモ・ニンジン・玉ねぎ・トマト・グリーンピース・レーズンで作ってみましたが、具材は何でも良いと思います。というかジャスミンライスである必要すらないんですけどね。まさにカレーピラフ。

前にも書いた気がしますが、ペルシャ料理のピラウがインドに伝わってプラオになり(んで後にビリヤニに)、逆にフランスに伝わってピラフになったんだそうです。もっと言うとスペインに渡ってパエージャとなり、アメリカに渡ってジャンバラヤとなり。米料理は決してアジアの専売特許ではありませんね。

アッサリさ加減や辛味成分ゼロがランチに良い感じです。コリアンダーリーフを混ぜたりレモンを搾ったりしながらどうぞ。
カレーとともに食べるのであれば、塩分は少なめで。

【材料】
ジャスミンライス 2合(300g)

バター 大さじ1
玉ねぎ 1/2個(ダイス状に切る)
ヨーグルト 大さじ1
トマト 小さめ2個(ダイス状に切る)

ニンジン 1/2本(ダイス状に切る)
ジャガイモ 小1~2個(ダイス状に切る)
グリーンピース 50cc
レーズン 大さじ2
塩 小さじ1 1/2
コリアンダーリーフ 適量

サフラン 10本(ホットミルク大さじ1に浸けて色を出しておく)

(ホールスパイス)
シナモンスティック 1/2本
カルダモン 5個
クローブ 7個

(パウダースパイス)
クミン 小さじ1
ターメリック 小さじ1
コリアンダー 小さじ1

【作り方】
鍋にバターとホールスパイスを入れ加熱し、バターが溶けたら玉ねぎを入れ、透明になる程度に炒める。

パウダースパイスを入れ軽く炒めた後、ヨーグルト・トマトを入れ5分程(トマトが崩れる程度)炒め、冷ます。

炊飯器にジャスミンライス・サフラン+牛乳・塩を入れ、水を通常より気持ち少な目に入れる(1.5合分ぐらい?)。炒めたもの・野菜一式を入れ、早炊きモードで炊く。

炊きあがりにコリアンダーリーフを散らして完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。