1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » アジア以外
  4. » ケニア風?チキンカレー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニア風?チキンカレー

総合評価:★★☆(´・ω・`)ウーン

ケニア風チキンカレー

自称・ケニア風のチキンカレーになります。
ケニアってどこやねん…という人もいるかも知れませんが、ケニアはアフリカ東海岸のスワヒリ文化圏の国になります。
前に作ったスワヒリ・チキンと同じ界隈の料理ですね。

アフリカでカレー?と少し意外な感じがする方もいるかも知れませんが、アフリカ北東部は古くよりアラブ人が移り住んだ為、中東の食文化が流れ込んでいるようです。(殆ど知りませんけども)

で、どういう料理かと言うと…端的に言うと「レモン果汁がドバドバのバターチキン(バター入ってないけど)」という味でした。かなり多く入れたのでさすがに酸っぱかったですが、食べられない程ではなく、まあアリかな~という範囲ではありました。インドカレーもそうですが、カレー+レモン果汁+パクチー、の組み合わせは、鉄板の一つだったりします。
あとはフェヌグリークパウダーが結構多く入っているのが特徴でしょうか。フェヌグリークパウダーは久しぶりに使いましたが、まあぶっちゃけカスリメティがあればあえて使う必要は無いですね。(フェヌグリークの方が若干、甘ったるい香りですが)

前に作ったスワヒリ・チキンもかなりレモン果汁ドバドバでしたので、もしかしたらスワヒリ文化圏の特徴としてレモン果汁をドバドバ使用するのかもしれません。
ただ…、レシピの読み方として気を付けないといけないのが、イギリスの存在ですね。ケニアは過去にイギリスの植民地で、また、前回のスワヒリ・チキンは(確か)イギリスの出版社のレシピ。今回のレシピはオーストラリアの出版社ですが、何れにしろイギリス文化圏…という事で、可能性として「イギリス人がイメージするアフリカ料理」のフィルターがかかっている可能性があります。このあたりはサンプリング数が少な過ぎてちょっと真実は分かりませんね。

【材料】
鶏もも肉 500g(皮を外して食べ易い大きさに切る)
玉ねぎ 1個(みじん切り)
ショウガ 20g(すりおろす)
ニンニク 3~4片(すりおろす)
レモン果汁 60cc
サラダ油 40cc
ヨーグルト 大さじ2
カットトマト 1缶
生クリーム 150cc
青唐辛子 2本(種とヘタを取ってみじん切り)
ピーマン 2個(薄く輪切り)
塩 小さじ2
ハチミツ 大さじ1/2
コリアンダーリーフ 2株(みじん切り)

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1
クミン 小さじ1/2
コリアンダー 大さじ1/2
レッドペッパー 小さじ1
ガラムマサラ 大さじ1/2
フェヌグリーク 小さじ1

(ホールスパイス)
シナモンスティック


【作り方】
ショウガ(半量)、ニンニク(半量)、ターメリック(半量)、レッドペッパー(半量)、レモン果汁(半量)、塩(半量)、サラダ油(半量)、クミン(全量)、ガラムマサラ(全量)、コリアンダー(全量)、ヨーグルト(全量)、鶏肉(全量)を混ぜ、30分マリネする。

マリネした鶏肉を最高温度に加熱したオーブンで7~8分、焼く。

鍋にサラダ油(半量)とシナモンと玉ねぎを入れ、玉ねぎに火が通るまで炒める。
残りのショウガとニンニクを入れ、軽く炒める。

ターメリック(半量)、レッドペッパー(半量)、フェヌグリーク(全量)を入れ、軽く炒める。
青唐辛子とカットトマトとピーマンを入れ、レモン果汁(半量)と塩を入れ、10分煮込む。
生クリームとハチミツを入れ、1分煮込む。

焼いた鶏肉を入れ、温まったら盛り付けてコリアンダーリーフをかけて完成。


【おまけ】
ニーズが無さそうなのでちょっと飽きてきたおまけ

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。