1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 没レシピ
  4. » ポークビンダルー レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポークビンダルー レシピ

改良版レシピの方が出来が良いのでこちら→ポークビンダルー完成版

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー ← ★★☆(゚A゚)マーマー
※最初の数口は「ん~?微妙?」という感想でしたが、
 白いご飯(日本米)に乗っけて食べている内に、だんだん病み付きになってきました
 これはウマいオカズです。カレーと呼べるかどうかは微妙^^;

ポークビンダルー
長時間煮込んだので肉は柔らか

赤ワインビネガーの酸味と苦みがきいている、ゴア地方の名物料理ポークビンダルー
カレーと赤ワイン煮込みを足して酢で割ってマスタードを入れたような味です
作り立ては酸っぱいですが、酸っぱいカレーの常で半日寝かせると酸味が落ち着いて味が纏まりました
タマリンドの場合は寝かせると逆に酸味が際立つんでしたっけ? → そうでもない)

【マリネ用材料】
豚肉(肩ロース)かたまり 600g
おろし玉ねぎ 1/2
おろし生姜 小1
おろし大蒜 小1
砂糖 小1
赤ワインビネガー 100cc

(ホールスパイス)
マスタードシード 小2
クミンシード 小1
ブラックペッパー 小1
シナモンスティック 2cm
鷹の爪 3本
クローブ 6個
グリーンカルダモン 6個 ( 中の種のみ)

【仕込み】
肉は2cm角程度の大きさに切る
ホールスパイスを全てミルサーで粉末にし、おろし玉ねぎ・生姜・大蒜・砂糖・赤ワインビネガーと混ぜ、そこに肉を漬け込む(最低3時間)

【煮込む方の材料】
トマト 1個(みじん切り)
塩 小1 1/2
水 400cc

(パウダースパイス)
パプリカ 大1
コリアンダー 大1
レッドペッパー 小1/2

ターメリックを入れてるレシピが多いですが、赤ワインビネガー・肉・トマトの赤を生かす為に、パプリカで色付け
またコリアンダーは、最初入れてなかったのですが、煮込んでいる途中で味が頼りない感じだったので、途中で入れました。「困った時にはコリアンダー(大1)」です

【作る】
マリネした肉をマリネ液ごと鍋へ入れ、パウダースパイス・トマト・水200ccを入れ、15分程蓋をせず少し煮詰めて酸味を飛ばす
残りの水を入れ沸騰したら保温鍋で2時間煮込み(保温)、肉を柔らかくする
酸味を落ち着かせる為に半日寝かせてから再度温めて完成

【課題】
味のバランスは良かったのですが、スパイスのざらつき過多・苦みが少し過多・マスタードの風味が少ない・・・といったところが多少改良の余地アリ(苦みはこれぐらいでも良いかもしれない)
今度はスパイスを少し減らしてデリー風に粉マスタードを入れてみたい
赤ワインビネガーを少し減らしてトマトを増量すればもう少し苦みが落ち着くか
味の着地点がイメージ出来ていない為、幾つかの有名店で食べ比べてみようかな

ただしあまり丸くなったらこの料理の魅力も半減する為、加減が難しいところ

【おまけ】
漬け込み中
漬け込み中・・・美味しくなさそう?

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。