1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » シーフード
  4. » フィッシュ・モリー レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシュ・モリー レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

フィッシュ・モリー(Molee)
(ちょっと写真がイマイチですが…)

ケーララ州の魚のココナッツ煮込み、フィッシュ・モリー(Molee)を作りました。
モリー=魚を使用、かと思っていましたが、一概にそうではないようで、チキン・モリーという料理もあるようです。

最近カレーを作ってなかったのでカレーっぽい料理を作りましたが、モリーがカレーかというと微妙なラインですね。

レシピを幾つか見ましたが、「ココナッツ+ライム(レモン)で煮込む辛味の少ない料理」が軸で、後は色々なバリエーションがありました。トマトの有無、パウダースパイスの有無、、等々。
前に作ったケーララ・シチューと同じようなベクトル…というかもしかしてルーツは同じ料理?

モリーについては、このあたりこのあたりもご参照。やはりライム(レモン)がポイントですね。

味は、材料そのままですが、とても旨い仕上がりでした。
他の料理でも時々ありますが、ライム(柑橘類)を入れる料理はおしなべて美味しいですね。ココナッツミルク+カレーリーフの組み合わせは ともすれば凡庸な仕上がりになりますが、ライムの酸味(特に仕上がりにかけたもの)と生コリアンダーリーフによってベクトルの異なる鮮烈な味と香りが足され、思いのほか、新鮮な味に仕上がりました。

今回は程々にグレービーが残っている仕上げですが、思いっきり煮詰めてソース状にするのも良さそうな気がします。


【材料】
白身魚 600g
ライム1個(絞る)
ココナッツミルクパウダー 60g
サラダ油 大さじ3
玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
青唐辛子 2~3本(ヘタを取って縦半分に切る。ワタ・種は取らない)
ニンニク 3~4片
ショウガ 親指大
トマト 1個
塩 小さじ1 1/2

生コリアンダーリーフ 適量

生カレーリーフ 10~15枚

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1/4
黒胡椒 小さじ1/2

(ホールスパイス)
クローブ5個
カルダモン5個
黒胡椒 小さじ1/2


【作り方】
トマトはヘタを取ってミキサーでペーストにしておく。

ニンニクと生姜は少量の水とともにミキサーにかけ、ペーストにしてく。

ココナッツミルクの半量を200ccの水で溶いておく。
残りの半量は水少々でペースト状にしておく。

絞ったライム果汁の半量・塩 小さじ1/2・ターメリックの半量を混ぜ、白身魚の表面に刷り込んで15分マリネする。

鍋に油とホールスパイスを入れ加熱し、クローブ・カルダモンが油を吸ってプックリしてきたら玉ねぎを入れ、透明になるまで炒める。

ニンニク生姜ペースト・カレーリーフ・青唐辛子を入れ、軽く炒める。
残りのターメリック・黒胡椒を入れ軽く炒め、トマトペーストを入れ、ココナッツミルク(200ccの水で溶いた方)を入れ、残りの塩を入れ、漬け込んだ白身魚を入れ(マリネードは軽く切る程度)、蓋をせずに煮詰めながら15分煮込む。

仕上げに残りのココナッツミルクを入れ、一煮立ちしたら完成。
盛り付けてコリアンダーリーフを散らし、好みでライムの搾り汁をかけながら食べる。
(コリアンダーリーフは混ぜ込んでも良いかも)


口触りが悪くなるので、配膳前にクローブ・カルダモンを抜いた方が良いかもしれません。
カレーリーフも食べる時には邪魔かな…

【おまけ】
収穫
ベランダから収穫

マリネ中
マリネ中

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。