1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ビーフ
  4. » キーマ・メーティー レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーマ・メーティー レシピ

総合評価:★★★(´・ω・`)ウマイケド…

KheemaMethi.jpg

アールー・メーティーを作った流れでメーティーの生葉に味をしめ、ベランダから収穫して前回の残りと合わせて、キーマカレーに入れてみました。濃い味と苦味がどうマッチするかを確認するのが目的です。("methi recipe"でググっている過程で見付けました。そういう料理があるみたいです)

濃い味なので前回と異なり苦味抜き処理などもせず、旨味の奥に苦味がある大人味の料理になる事を期待して。

が。

全然苦味を感じませんでした…収穫した量が期待の半分以下だった事もあるのですが、味がどこかにいってしまいましたね。香りはかろうじて感じましたが、とにかく苦味を感じられなかったのが期待はずれでした。量の問題か、そもそも濃い味の料理に向かないのか。

もう少し扱いになれないといけないですね。
フレッシュメーティーを使った料理は色々と気になるレシピが多く、なんとかまた作ってみたいと思います。

作っているところ

メーティーとは別に、苦味が売りのカレーは面白いなぁという事で、ニガウリ(カレーラー(karela))でレシピを検索してみたりしています。こちらも機会があれば。

【材料】
サラダ油 60cc
玉ねぎ 2個(みじん切り)
ホールトマト 1缶
ひき肉(牛か合い挽き) 350g
生姜 親指大
大蒜 1/3個
塩 小1 1/2強
生のメーティー(メティ、フェヌグリーク) 80g(4~5cmのザク切り)

(スターター;ホール)
シナモンスティック 1本
クローブ 5本
グリーンカルダモン 5個
クミンシード 小1
赤唐辛子 2本

(煮込みスパイス;パウダー)
クミン 小1
コリアンダー 大1
ターメリック 小1/2
レッドペッパー 小1/2
黒胡椒 小1/2

(仕上げスパイス;ホールを仕上がり直前に乾煎りして挽く)
クミン 小1/2
シナモンスティック 2cm
クローブ 10個
黒胡椒 小1/2
メース ホールの状態で小匙1~2程度

【作り方】
ニンニクと生姜を少量の水とともにミキサーにかけ、ペーストにする。

サラダ油にスタータースパイスを入れ加熱し、クミンや赤唐辛子が少し焦げ始めるまで弱火でゆっくりと加熱する。

玉ねぎを入れ、弱めの火で火が通るまでじっくり炒める。

クローブとカルダモンを抜き、パウダースパイスを入れて数分炒める。

ニンニク生姜ペーストを入れて香りが出るまで少し炒める。
カットトマトを入れる。

別鍋で挽き肉を炒めて、挽き肉から出た油が透明になったらグレービーに入れる。
塩を入れて、10分ほど煮込む。
メーティーを入れ、更に15分ほど煮込む。

仕上スパイスを数分乾煎りしてからミルサーで挽いて投入し、数分煮込んだら完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。