1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » その他ベジ・副菜
  4. » アールー・カレーラー Aloo Karela レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アールー・カレーラー Aloo Karela レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ニガウマー(と言ってもシンプルな味ですが)

karela.jpg

季節外れではありますがニガウリ(カレーラー karela)を使った料理を作りたくなったので、"karela recipe"で検索してレシピを拾ってきました。どうもインドの方は苦味に耐性があるらしく(?)、種・ワタごと調理している料理や、大きいまま種を取り除いた場所に挽き肉など詰め物をした料理が多いものの、それも苦そうだな…という事でまずはシンプルに調理。今回は見送りましたが、羊肉で作ったコーフタ(のタネ)を詰めて焼くなり揚げるなりするのも面白そうです。

シンプルなのでそのままの味ですが、スパイスに使用したカロンジが特徴的。聞きかじりですが「カロンジはタイムと同じでチモールが多いので鉛筆の芯に似た香り」と知ったかぶりを記しておきます。

カロンジはかなり香りが強いのですが、弱火でジックリと加熱する事で香りが少し弱まり、コク?のようなものが出てきます。ゴマみたいなノリでジャガイモ・サツマイモ・カボチャのサブジに使えそう。

これ一品でご飯にするのは厳しいですが、全体の中の一品としては面白いと思います。たまにしか使いませんがカロンジの香りは結構好きですね。とカロンジ中心に書いてしまいましたが、ゴーヤの苦味も料理の変化として良さそうです。

作っているところ

【材料】 ※2人前程度
ニガウリ 1本(縦半分に切って種を取って薄くスライス)
ジャガイモ 小さめの2個(皮をむいて1~2cm角に切る)
青唐辛子 1~2本(ヘタと種を取ってみじん切り)
サラダ油 大さじ2
塩 小さじ1/2+小さじ1/2強

(ホールスパイス)
カロンジ 小さじ1/4

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1/4

【作り方】
ニガウリを縦半分に切り、ワタと種をスプーンで取って、5mm幅程度にスライスする。塩 小さじ1/2を振って混ぜ、20~30分ほどおいておき、水ですすぐ。

フライパンに油とカロンジを入れ弱火で加熱し、5~10分ほどジックリ加熱する。
ジャガイモを入れ、5分ほど炒める。
ターメリックと青唐辛子を入れ、軽く炒める。

ニガウリと塩小さじ1/2強を入れ、数分(ニガウリに火が通るまで)炒めて完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。