1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » Tips
  4. » フェヌグリーク・スプラウト栽培

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェヌグリーク・スプラウト栽培

余りがちなフェヌグリーク(メーティー Methi)シードを使用してスプラウトを育てる。所要時間2日~。スパイスとして購入したフェヌグリークシードを使用するがこれまでに発芽しなかった事はなく、購入から二年が経過していても平気で発芽するなど、かなりアバウトな植物。
育ったスプラウトはフェヌグリークシードそのものより苦味も癖も弱まり、スパイスではなくホロ苦い野菜として使用する。乾燥状態で100cc(小さじ20杯)ぐらいであれば一回の調理で消費仕切れる量。未確認情報だが育つほどに苦味や癖が減っていきモヤシに近付くようなので、最適な生長加減を見極めたいところ。半日の差で結構生長するので、吸水開始のタイミングに気を付ける必要がありそう。季節によっても違いそうだが。

フェヌグリーク
フェヌグリークシードをタップリの水に一晩(半日)浸ける。

フェヌグリーク
半日で水分を吸ってプックリしてくる。この状態をスパイスと炒めたものがメーティーのタルカリ(またはアチャール)。

フェヌグリーク
バットなどにキッチンペーパーなり布巾なりを敷き、その上に軽く水気を切ったフェヌグリークシードを広げる。

フェヌグリーク
乾燥を防ぐ為に上からキッチンペーパーなりを乗せ、室内の暖かい所に放置。
上から水をかける必要は無いが、乾いて来たら霧吹きで湿らせるなり、水を全体的に少し垂らすなりして、湿度を保つ。ラップは…どうなんだろう。

フェヌグリーク
バットに広げて半日経過、徐々に発根しているのが分かる。
このあたりで一度そっとボールにあげ、たっぷりめの水でザッとすすぎ、最初と同様にバットに広げる。

フェヌグリーク
バットに広げて1日経過、ハッキリとした発根。同様に水ですすぐ。

フェヌグリーク
バットに広げて1日半経過、そろそろ調理に使える。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。