1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » チキン
  4. » バターチキン ( チキンバターマサラ ) レシピ 完成版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バターチキン ( チキンバターマサラ ) レシピ 完成版

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

バターチキン
コリアンダーリーフを入れ忘れるのはもはや恒例行事
分かりにくいですが真ん中の盛り上がっているのが自家製チキンティッカ
チキンティッカはレッドペッパーとレモン汁を効かせ気味で作ると、甘いソースとのコントラストが良い感じになる


接待用として最強のインドカレー、みんな大好きバターチキンのレシピ完成版。材料さえ揃えば誰でもレストランのバターチキンが再現出来てしまったりします。カスリメティは必須です。
(極端に言えば、トマトジュースにカスリメティとバターと蜂蜜を入れて煮立てればバターチキンになるのではないかと思ったりします)

トマトの種類か、ハチミツの種類か、カスリメティを砕いているからなのか、、微妙に味がキマらない(まとまらない)場合があります。その場合は、出来上がりのグレービーを少し寝かせると良いかもしれません。
(ちょっとレシピを見直さないといけないですね)


【材料】
タンドリーチキン(チキンティッカ) 500g
バター大5
ホールトマト 2缶
カシューナッツ 50g
蜂蜜 100g
おろし生姜 小1
おろし大蒜 小1
塩 小1
生クリーム 適量
水 150cc

(スタータースパイス;ホール)
クローブ 5本
シナモンスティック 1本
グリーンカルダモン 5個
メース 3片(入れなくても良いかも)
メティシード 小1(入れなくても良いかも)

(煮込みスパイス;全てパウダー)
レッドペッパー 小1
パプリカ 大1
カスリメティ 大1(ホール状態で大2のカスリメティをミルサーで粉砕したもの)
※パプリカは赤色を強調する為に入れています。味と香り的には無くても大丈夫

(仕上げスパイス;仕上がり直前に、カスリメティ以外のホールを乾煎りし、カスリメティと共にミルサーで挽く)
シナモン 2cm
クローブ 2本
グリーンカルダモン 2個 (中の種のみ)
カスリメティ 大1(←煮込みの方でも結構入れているので、香りを見ながら判断して下さい)
※他のカレーと風味を差別化する為に、クミンは入れていません

【仕込みその1】
カシューナッツを水150ccで茹で、ミキサーでペースト状にする
ミキサーが上手く回らない場合は様子を見ながら少し水を足す

【仕込みその2】
バター大2でスタータースパイスの香りを出す
ホールトマト2缶を入れてひと煮立ち
煮立って少し経ったら、ホールスパイスを抜いてからミキサーでペースト状にする
ペーストにしたらより香りを出す為にホールスパイスを戻す(戻さなくてもあまり関係ないですが)

【作る】
1.バター大2におろし生姜・おろし大蒜を入れて弱火で香りを出す
2.カシューナッツのペーストを入れてかき混ぜながら弱火で5~6分炒める
(一度なじんだ油が再び分離し始める程度)
3.煮込みスパイス&塩を投入
4.トマトペーストを投入し、蜂蜜を入れて味を調え、モッタリするまで少し煮込む
5.タンドリーチキン・バター大1・仕上げスパイスを投入し、タンドリーチキンが温まったら完成

6.盛り付けてから生クリームを回し掛けて完成
好みで、万能ネギ・ニラ・コリアンダーリーフ(パクチー)を少し散らす(分量外)

【メモ】
材料を理解すると、レストランでバターチキンを食べても、カスリメティや蜂蜜の香りを嗅ぎ分けられるようになったりします
蜂蜜の香りは重要要素なので、蜂蜜の種類に拘ると一段階上の味が出せるかもしれません?

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。