1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. »
  4. » キーマ・サリー Kheema Sali レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーマ・サリー Kheema Sali レシピ

キーマ・サリー Kheema Sali

パールスィーの料理、キーマ・サリー Kheema Sali。

キーマカレーに揚げたポテトストロー(Sali)をトッピング。サリーと言えば、キーマ・サリーよりもサリー・ムルグ Sali ma murgh(サリー・チキンカレー、パールスィー・チキンカレーとも呼ばれる)の方がおそらく有名。サリーがポテトストロー自体を指すのかポテトストローをトッピングした料理を指すのかはイマイチ不明だが、パールスィー料理としてこういう料理は頻繁に紹介されている。

味は、、まあまあ美味しいのだがちょっとクドい。
ギー(の代わりの無塩バター)や香味野菜が多めなので旨味はしっかりしているのだが、その割りにスパイスが少なく、ちょっとクドいなーという仕上がり。フライドポテトも味や食感の変化が面白いが、クドさは増す。フライドポテトの仕上がりがイマイチだったこともテンションを下げる要因で、もっと細かく切って一気に揚げるべきだったかと思う。インド料理なのにウスターソースを使うところが面白いが、作りたてはウスターソース・お酢・砂糖が馴染んでおらず、舌の上でバラバラな味がちょっと気持ち悪かった。仕上げてから半日経った方が味が馴染んで安心出来る味。ちなみに元レシピはインドで有名なシェフらしいので、ウスターソースを入れる作り方はそれなりに信憑性がある。

パールスィー料理の本やレシピは幾つか持っているが、以下のような特徴がある気がする。
・ゴアほどではないが、お酢を使う
・グジャラートほどではないが、砂糖を使う
・スパイス遣いはシンプルでおとなしい
・サリーやダンサクなど、ピンポイントにインドやイギリスなどで知られている料理が多い

酢と砂糖については西インドだという地理的な要因もあるのかも。知らんけど。サリーは淡白な鶏肉の方が合いそうな気がするので、サリー・ムルグも作ってみたい。

作ってるところ

総合評価:★★☆

【作り方】
マトン挽き肉 500g
ジャガイモ 150g(長さ5cm程度の細切り)
無塩バター 60g
タマネギ 1個(薄切り)
おろしニンニク 大さじ1
おろし生姜 大さじ1
トマト 1/2個 (刻む)
ウスターソース 大さじ1.5
お酢 大さじ1.5
砂糖 小さじ2
塩 小さじ1

(パウダースパイス)
赤唐辛子 小さじ1/2
クミン 小さじ2
ターメリック 小さじ1/2

【作り方】
フライパンに無塩バターとタマネギを入れ、キツネ色になるまで弱めの火で炒める。
ニンニクと生姜を入れ、数分炒める。
パウダースパイスを入れ、数分炒める。

トマトを入れ、5~10分ほど炒める。
挽き肉を入れ火が通るまで炒める。
水150ccと塩を入れ、蓋をして15分煮込む。

別鍋に揚げ油とジャガイモを入れ加熱し、クリスピーになるまで揚げておく。

キーマの鍋に、ウスターソース・お酢・砂糖を入れ、良く混ぜて数分煮込む。必要であれば塩を足す。

キーマを盛り付け、揚げたジャガイモをトッピングして完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。