1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ネパール料理
  4. » ポーク・チョエラ Pork Chowela レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーク・チョエラ Pork Chowela レシピ

ポーク・チョエラ

ネパール料理、ポーク・チョエラ(Pork Chowela;Bangoor ko Chowela)。
スパイスで茹でた豚肉を香味野菜(パクチー・ネギ・ニラ・ショウガ・ニンニクetc)とスパイスで和えた料理。塩+レモンの味付けで、冷ました状態のものを食べる。一般的には焼いた肉をスパイス・野菜と和えた料理を指す場合が多いようだが、茹でた肉でもチョエラと呼んで良いのだろうか。

チョエラと言えばネパール料理屋さんではマトン・チョエラの方がメジャーと思われ、スパイスでマリネしたマトンを焼いたもの(セクワ;Sekuwa)を使用する。セクワはインド料理で言うところのボーティー・カバーブ(Boti Kebabs)とほぼ同じで、ネパール料理屋さんのマトン・チョエラにはトマトが入るのが一般的だろうか。

味付けは塩とレモンに若干のスパイスだが、冷めた状態を食べることもあってサッパリした味付けに箸が進む。生の香味野菜も他の材料と調和し、わずかな花椒と焦がしフェヌグリーク(メーティー)にネパール風味を感じる。

温度・酸味・生の香味野菜が夏向きでビールが欲しくなるが、米文化圏の料理だけあって米との相性も良い。
塩・レモン・スパイス(含 花椒)・生の香味野菜の組み合わせは色々と応用が利きそうだ。

メモ)
・豚肉は半分くらいの大きさでも良い(がホロホロに煮込まれているので特に問題はない)
・ニラ、ネギ、パクチーは、仕上げに和えた方がフレッシュ感があって良いかもしれない。多めに入れるのも良さそう
・タマネギを炒める際にトマトを加えるとお店っぽく
・白髪ネギを使用してネパール風のネギチャーシューっぽくするのも面白い
・青唐辛子を刻んで入れても良い

つくってるところ

総合評価:★★★

【茹で豚の材料】
豚肩ロース 700g(3cm角に切る)
ニンニク 3片(皮を剥く)
ショウガ 1片(皮を剥いて半分に切る)
塩 小さじ1
花椒パウダー 小さじ1/4
水 500cc

(ホールスパイス)
シナモンスティック 1/2本
黒胡椒 小さじ 1/2
カルダモン 4個
ベイリーフ 2枚
クローブ 4個

【茹で豚の作り方】
圧力鍋に材料を全て入れ加熱し、15分加圧したら火を消して冷めるまで3~4時間ほど放置。

【チョエラの材料】
パクチー 1~2株(みじん切り)
万能ネギ 2~3本(1cm程度に切る)
ニラ 3~4本(4cm程度に切る)
パプリカ 1個(食べやすい大きさに切る)
レモン果汁 大さじ3
おろしショウガ 小さじ1
タマネギ 1/2個(1cm幅に切る)
ニンニク 2片(みじん切り)
塩 小さじ1
サラダ油 大さじ1

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1/2
クミン 小さじ1
赤唐辛子 小さじ1/4
黒胡椒 小さじ1/4
花椒 小さじ1/4

(ホールスパイス)
フェヌグリーク 小さじ1/2

【チョエラの作り方】
冷めた茹で豚を取り出し、ボールに茹で豚・パクチー・万能ネギ・ニラ・レモン果汁・ショウガ・ターメリック半量・残りのパウダースパイスを和える。

鍋にサラダ油を入れ煙が出るくらいまで加熱し、フェヌグリークシードを入れる。
5~10秒程度で焦げるので、軽く焦げはじめたらパプリカ・タマネギ・ニンニク・残りのターメリックを入れ、
5分ほど炒める。

炒めたものをボールに入れ和える。冷めたら完成(味見し、必要に応じて塩を加える)。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。