1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ネパール料理
  4. » ネパール風ダール・スープ Dhal Soup レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパール風ダール・スープ Dhal Soup レシピ

ダールスープ

ネパール風のダール・スープ。見た目も材料も味も地味だが、某カレーパーティーで提供したところ意外と評判が良かったのでレシピを記録しておく。
作りながらイメージした味は、恵比寿ソルティーモードのダール。トマトやココナッツミルクといった安直に旨味の強い材料は使わず(と言いつつ、ギー・ニンニク・ヒング・塩は強め)、メインにはならないが他の料理を邪魔しない味、、、を狙って作った。スパイスも極端に少なく。少し前にトゥール・ダールを使って作ったレシピの微調整版。

  • ニンニクを炒めていないのは生の香りを生かす為
  • ちゃんと作るときはギー(澄ましバター)から作るが、普段の場合はバターで充分。強火でテンパリングするレシピの場合は焦げないギーの方が良いが、このレシピはギーである必要性がそんなにない。無塩バターであればほぼそのまま、有塩バターであればダールを茹でる際の塩分を減らして調整する。
  • ネパールっぽさを出す為に何となくジンブーを入れたが、おそらく入れなくても殆ど影響は無い。植物学的にはワケギの仲間らしいが、だからといって生のワケギを入れると生臭くてNG(経験談)
  • 仕上げにパクチーを散らす・レモンをたらす等すれば、味と香りにフレッシュさが加わってそれはそれできっと美味しい
  • 白飯にかけて食べると美味しい(←自画自賛)

あらためて材料を見返すと、ギー含め全て長期間の常温保存が可能な材料で構成されている。ネパール・インドをはじめ、南アジア全域の日常食にダールが取り込まれているのはそういった理由があるんだろう。材料費も極めて安く・調理時間も短く、ランチジャーなどある場合は日々の弁当にも適している。ダールは挽き割りにする際に胚芽部分を取り除いているので通常の豆よりも保存が効く。らしい。

つくってるところ

総合評価:★★★

【材料】
マスール・ダール(レッド・レンティル) 100g
水 700cc
ニンニク 1/3個(みじん切り)
塩 小さじ1
ギー 大さじ2
タマネギ 小さめの1/2個(みじん切り)
ジンブー 小さじ1/2 ※この数倍入れると見た目が一気にネパールっぽくなる
赤唐辛子 2本

(パウダースパイス)
ターメリック 小さじ1/2
ヒング 0.5cc

【作り方】
ダールをざっと水ですすいだ後に水を切り、鍋にダール・水・塩・ターメリックを入れ火にかける。沸騰したらアクを取り、蓋をして10分煮る。

別鍋にギー・唐辛子を入れて弱めの火で数分加熱し、唐辛子が少し焦げ始めたらヒング・ジンブーを入れて軽く炒め、タマネギを入れ、タマネギに火が通ったらダールに合流させる。
刻んだニンニクもダールに入れ、蓋をして10分ほど煮込んだら完成。(アク取りや蒸発の仕方で味のバランスが都度異なるので、水分と塩分は仕上げのタイミングで微調整を行う)

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。