1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 主食
  4. » ナン レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナン レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

何と言ってもナン
何と言ってもナン。 見た目はそれなり

焼きが少々足りない
焼きが少々足りないとこんな感じ

北インドカレーと言えば、ナン。

膨張させるのはイーストではなくベーキングパウダー&重曹。
前にイーストを使って作ったことがありますが、イーストは意外と風味が強い為、イーストを使うと風味がパンになってしまいます。

【材料】
強力粉 600g
砂糖 大3
塩 小1
ベーキングパウダー 15cc (10g)
重曹 小1/2
ギー(無塩バター、サラダ油) 25g (30cc)
溶き卵 1個
プレーンヨーグルト 100g
牛乳 300cc

【作り方】
ホームベーカリーに材料を全て入れ、生地作り&30分寝かせる。
オーブンに天板を入れたまま最高温度で10分程度 空焼きし、温度が最高温度に達したら、麺棒などで生地を薄く伸ばして天板に直接のせて、表面が焦げるまで焼く。薄く延ばしても膨らむので大丈夫です。また天板を高温に熱してあれば、生地を直接置いてもくっつく事はありません。
ウチのガスオーブンであれば最高温度300度で2分程度の焼きですが、オーブンの温度表示は嘘をつく事があるので、参考程度に。オーブンの開閉は庫内の温度を下げるので、素早く。

【メモ】
焼成するのにとにかく高温が必要(タンドール釜は350度でしたっけ)
DeLonghiのピザストーンがあればもっと短時間で焼けるのかな?(ピザストーンが水分を吸い込んで逆効果かもしれない)

低温で焼成すると生地中の水分が蒸発し、焼き上がる頃にはパリパリになってしまいます。ナポリ風のピザを焼く時と同じ理屈ですね。

バターを使って作りましたが、よく考えなくても常温では固形なので、うまく混ざらなかった・・・
サラダ油30ccの方が良いかもしれません。
また、甘味を強調する為に砂糖を増やすのも良いかもしれません。ナンは甘味が重要ですよね。


ところで以前にも書きましたが、本質的にナンとインドカレーが合わない気がするのは、私がお米の国の人だからでしょうか。
南インドカレーとバスマティライス、北インドカレーとターメリックライス、タイカレーとジャスミンライス、の様な香りの相乗効果が無いのが寂しい気がします。
ただ北インドカレー屋さんでライスを頼むと酷い目に遭う事が多いので、消去法的にナンを頼みますけど。。

今度チャパティを作ってみよう

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。