1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ネパール料理
  4. » アル・タレコ Alu Tareko レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル・タレコ Alu Tareko レシピ

Taareko Alu

ネパール料理。
ジャガイモ(アル;Alu)をマスタードオイルで炒め揚げ(タレコ;Tareko;Taareko;Deep-fried)した料理。言うなればネパール風のフライドポテトだが、ネパールだけにスパイスや香味野菜の使い方が独特。単純な料理だが、マスタードオイル・焦がしフェヌグリーク・香味野菜の香りがハッキリと分かり、ビールが進む味。単純と言いつつ、材料の入手は面倒だが。

まずマスタードオイルは、インドの流儀と同様に“煙が出るまで”加熱する。どういう効果があるのかハッキリと認識している訳ではないが、高温で加熱するとマスタードオイルのぼやっとしたクセのある香りがハッキリしてくる、ような気がする。ホールスパイスとしてジンブー・フェヌグリークシードを軽く焦がして使うところがネパールっぽい。あとネパール料理は結構ヒングを使う。

単純だが結構美味しく出来た(但し当たり前だが冷めるとイマイチ)。新ジャガなんかで作るのも良さそう。
ネパール料理は良いね。インド料理の作り方を忘れそうだ。

つくってるとこ

総合評価:★★★

【材料】
ジャガイモ 600g (皮を向いて1~1.5cm幅程度のスティック状に切る)
青唐辛子 1本(ヘタを取って種ごとみじん切り)
ニンニク 1/3個(みじん切り)
ショウガのみじん切り 小さじ1/2
マスタードオイル 60cc
ジンブー 小さじ1/2
塩 小さじ1/2

(ホールスパイス)
赤唐辛子 1本
フェヌグリーク 小さじ1/4

(パウダースパイス)
クミン 小さじ1/2
コリアンダー 小さじ1/2
黒胡椒 小さじ1/4
ターメリック 小さじ1/4
ヒング 0.5cc

【作り方】
鍋にマスタードオイルを入れ煙が出始めるまで加熱し、赤唐辛子・ジンブー・フェヌグリークを入れ、フェヌグリークシードが焦げ始めるまで10秒ほど炒める。

ジャガイモ・ターメリック・ヒングを入れ、よく混ぜて蓋をして中火で5分、炒める(焦げないように途中、何度か混ぜる)。
青唐辛子・ニンニク・ショウガ・残りのパウダースパイス・塩を入れ全体を混ぜ、更に蓋をして5分炒める(途中、何度か混ぜる)。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。