1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » ネパール料理
  4. » バンタ・サンデコ Bhanta Sandheko レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンタ・サンデコ Bhanta Sandheko レシピ

バンタ・サンデコ

茄子(Bhanta)を焼き茄子にし、胡麻・レモン・香​味野菜・スパイスと和え(Sandheko)、ディップ​状にしたネパール料理。sandhekoの意味は…sadhekoと同じだとするとmarinatedだと思うのだが、sandhekoとsadhekoが同じ物を指すかどうかはイマイチ不明。そう言えば以前作ったチキン・サンデコも作り方がかなり似ており、テンパリングしたフェヌグリーク他をかけて30分ほど馴染ませて仕上げるあたりは今回の料理と全く同一(レシピの出典は別書籍)。もしかしたらそのあたりがサンデコなんだろうか… ネパール文化に詳しい知り合いが欲しい。

味的には焼き茄子の胡麻和えレモン風味、 そのまま和食と言っても通りそうな味。焦がしフェヌグリークが焼き茄子のスモーキーさを補強し、香ばしさがありつつもレモンのおかげでサッパリと頂ける。胡麻・酸味・焦がしフェヌグリークの定番?ネパール料理風味で美味しいのだが、ちょっとパクチーの風味が邪魔だった。もう少しパクチーの量を減らした方が良さそうだが、補助的なつけあわせとしては面白い。

ネパール料理の本を見ているとついついつけ合わせ的な料理に目がいってしまうが、もう少しオーソドックスなカレーやタルカリ(means vegetables)を作りたいところ。

つくってるとこ

総合評価:★★☆

【材料】
炒り胡麻 大さじ2(ミルサーでペーストにする)
茄子 600g
パクチーのみじん切り 大さじ2
レモン果汁 大さじ3/4
塩 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1
ジンブー 小さじ1/4
青唐辛子 1本(ヘタを切ってみじん切り)
ニンニク 1/4個(みじん切り)
ショウガ 2cm角(みじん切り)

(パウダースパイス)
赤唐辛子 1cc
ターメリック 小さじ1/4

(ホールスパイス)
フェヌグリーク 1cc

【作り方】
どうにかして焼きナスを作り皮をむき、1cm角程度に切り、充分に冷ます。
(オーブンの場合はフォークで皮にブスブス穴をあけ、250℃で30分ほど)

茄子にペーストにしたゴマ・パクチー・レモン果汁・赤唐辛子・塩を混ぜる。

鍋にサラダ油を入れ煙が出る手前ぐらいまで加熱し、フェヌグリークとジンブーを入れ、5~10秒程で焦げるので、青唐辛子・ニンニク・ショウガ・ターメリックを入れ、サッと炒める。

炒めたものを茄子のペーストに入れ良く混ぜ、30分ほど馴染ませ、完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。