1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » チキン
  4. » カスーリー・カバーブ Kastoori Kebab レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスーリー・カバーブ Kastoori Kebab レシピ

kastoori kebab

Kastoori Kebabのカナ表記はカスーリー・カバーブで良いんだろうか。マリネした鶏肉をベーサン・パン粉・パクチー・タマゴでコーティングし焼き上げた料理。溶き卵にサフランが入っていたりカルダモンをふりかけて食べるところが、どことなく(インド料理的な意味で)上品な香りを感じる料理。

KastooriはイコールKasooriで良いと思うんだけど、kasoori methi カスーリー・メーティーを使うと言う訳でもなく(入るレシピもあるが)、きっとパーキスターンのカスールあたりが発祥なんだろうと適当に思う事にする。Kastooriという表記については、"kastoori methi"や、もしやと思って"カストリ・メティ"で検索してもそこそこヒットしたので、つまりはそういう事なんだろう。多分タマゴでコーティングするところがこの料理のポイント。あとレシピにはブラッククミンと記載があったが、多分地域的にはシャーヒージーラの事だろう(と思う)。溶き卵にサフランとともに入れるみたいだが、入手困難につき省略、、、サフラン・カルダモンを使う事もあわせて考えると妙に高貴な構成の料理だが、なんかそういう由来でもあるんだろうか。カスールの料理だとすると、なんとなくサフランやシャーヒージーラを使うのも地域性だと思うような思わないような。というかシャーヒージーラなんてどこに売っているの… キャラウェイ説も聞いた事があるが多分別。

kebabと書いてカバーブというカナを振るのはどうなんだと思ったが、ググった感じではkababよりもkebabの方が優勢だし(この料理については)、かと言ってインド料理でケバーブとかケーバーブはちょっと違う感じするし、という事でkebabでカバーブと書いてみた。ヒンディだとカバーブだし、、、間違っていたら知らない。

味はまあ普通に食べられる(美味しい部類)ものの、むね肉を使った事もあってやや食後の満足感にかける。
いっそマリネした鶏肉をフライ状態(またはチキン南蛮状態)にして食べるのも良いのかもしれない。

つくってるとこ

【材料】
鶏むね肉 600g (皮を外して食べ易い大きさに切る) ※もも肉にすれば良かった。
おろしショウガ 大さじ1
おろしニンニク 大さじ1
レモン果汁 大さじ1.5
塩 小さじ1

バター 20g
ショウガのみじん切り 大さじ1
ベーサン 50g
パン粉 30g
パクチーのみじん切り 大さじ3
タマゴ 2個(溶く)
サフラン 数本

(パウダースパイス)
胡椒 小さじ1
グリーンカルダモン 少々

(ホールスパイス)
ブラッククミン 小さじ1/2

【作り方】
おろしショウガ・おろしニンニク・レモン果汁・胡椒・塩を混ぜ、鶏肉を入れ1時間マリネする。

フライパンにバターを入れ加熱し、ベーサンを入れ、薄く色付くまで炒める。ベーサン小さじ3を取り出してよけておく。
ベーサンが入ったフライパンにパン粉・ショウガのみじん切り・パクチー・マリネした鶏肉を入れ、数分炒める。

溶いたタマゴにサフランと先ほど取り出しておいたベーサンを入れ良く混ぜる。
最高温度で予熱したオーブンで10分前後焼いて、完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。