1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. »
  4. » カボチャと木の子のクートゥ レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カボチャと木の子のクートゥ レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

クートゥ
焼き目の付いたキノコとマスタードシードがアクセント

チャナダルとココナッツミルクのスープに、カボチャとキノコを合わせました。
「カレーのすべて」のクットゥのレシピと「カレーな薬膳」のクートゥーのレシピを横目に、自分好みに。カレーというよりシチューですね。味のバランスはかなり良いです。
マスタードシードが無ければインド料理と気付かないかもしれません。

ダル単独のカレーはそんなに好みではないのですが、クートゥの様にココナッツミルクと合わせるのは良いですね。

前回、カボチャを使ってちょっとアレなものが出来てしまったので、カボチャを使ったリターンマッチ^^;

【材料】
チャナダル 125g
玉ねぎ 1/4個
カボチャ 500g(4cm角程度の角切り)
ココナッツミルクパウダー 50g
シメジ・舞茸 適量
サラダ油 大1
バター 大1
塩 小 1 1/2

水 500cc

(煮込みスパイス;パウダー)
ターメリックパウダー 小1
レッドペッパー 小1/2
クミンパウダー 小1

(仕上げのテンパリング用スパイス;ホール)
鷹の爪 2本
マスタードシード 小1/2

【仕込み1】
チャナダルをざっとすすぎ、たっぷりの水で2時間以上 給水させる。
水を切ったチャナダルに水500ccを加え、最初の10分~15分程度は灰汁を取りながら、1時間以上茹でる。煮詰まる都度、その分の水を足す。オタマや泡立て器などを使って多少煮崩す。(今回は灰汁が出なくなってから保温鍋で1時間保温調理した後、再度火にかけながら煮崩しました)

【仕込み2】
玉ねぎをレンジで数分加熱し火を通し、ミキサーで少量の水(分量外)とともにペースト状にする。

【作り方】
煮たチャナダルに玉ねぎペースト・煮込みスパイス・塩を入れ、ひと煮立ちさせる。
そこに切ったカボチャを入れ、保温鍋で30分保温し火を通す。(カボチャを煮崩したくなかったので保温鍋を使用。レンジを使った方が良いかもしれません)

別鍋でシメジ・舞茸をバター大1で炒め、7割方 火を通し、メインの鍋に投入。あわせて、ココナッツミルクパウダーを少量の水で溶きペースト状にしたものも投入し、数分間煮る。

別鍋でサラダ油 大1でマスタードシードを加熱し、バチバチ弾け始めたら火から下し鷹の爪を入れ、余熱で少し火を通したら、油ごとメインの鍋にジューっと入れて完成。

【メモ】
これ野菜は何でも良さそうですね。要はシチューなので、緑黄色野菜・根菜・淡色野菜、なんでも合いそうです。具に味が無いので塩味は強めで。

ココナッツミルクを使っているので、作ってから時間をおくと変な感じになります。
この料理に限らず、ココナッツミルクを入れてから暫く煮込むようなレシピを良く見かけますが、個人的にはココナッツミルクは仕上げる直前に入れてあまり煮込まない方が良いような気がしています。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。