1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 没レシピ
  4. » チキンビンダルー レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキンビンダルー レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー(味は良いが見た目がイマイチ)

チキンビンダルー
見た目はイマイチ、味は一級品。チキンビンダルーをジャスミンライスと共に

ポークビンダルーのチキン版、チキンビンダルーです。前に作ったポークビンダルーに比べるとシンプルな材料ですが、かなり旨いです。ポークビンダルーと違って 漬け込みや煮込み時間が殆ど必要ないので、素早く作れて良いかもしれません。ビネガーも少なめなので、作り立てでも酸っぱくありません。程よい酸味。

赤ワインビネガーのおかげでしょうか、シンプルな材料ですがそれを感じさせない複雑な味と香りです。シンプルなレシピの常で、種類が少ない分 一つ一つの量はドッサリ入っています。

味はかなり良いのですが、見た目が(-_-)・・・見た目は改良の余地アリですね。

・コリアンダーリーフが黒くなって汚い
 → ペーストにする?ペーストにすると全体が黒くなるのでしょうか・・・

・具材が少ないので、みじん切りの玉ねぎが目立つ
 → このままでも良いが、ペーストにしても良いかもしれません。

・色がイマイチ
 → 色をつける為にターメリックとパプリカを結構入れましたが、トマトも入れた方が良いかも。  

ちなみに元のレシピでは、赤ワインビネガーではなく「white vinegar」でした。white vinegarって何?(^^;;
あと、「fresh turmeric root」とか無茶な材料が書いてあったのでそれはパウダーに置き換えてたり、元レシピでは最後に茹でたジャガイモと合わせてたりと、細かい部分を少し変えてます。ジャガイモは入れても良かったかも。あとコリアンダー&ココナッツチャトニと一緒に食べると良いそうです。

なんにせよ お手軽な割に味が良いレシピなので、もう少し上手く改良したいですね。

追記)
ポークビンダルーは酸味を抑える為に半日寝かせましたが、このチキンビンダルーは寝かせると酸味が飛んでしまってイマイチな感じです。鶏肉自体、あまり長時間寝かせたり煮込んだりするものでもないですし、これは作ってすぐに食べるのが良さそうです。

【材料】
鶏もも肉 500g(皮を外して食べ易い大きさに切る)
玉ねぎ 1個(みじん切り)
バター 30g
コリアンダーリーフ 4株(みじん切り)
大蒜 10片
赤ワインビネガー 大3
塩 小1
水 200cc

(ホールスパイス;ミルサーでパウダーにする)
クミンシード 大1
カルダモン 5個(中の種のみ)

(パウダースパイス)
レッドペッパー 小1/2
ターメリック 小1
パプリカ 大2

【作り方】
ホールスパイスをパウダーにする。

大蒜と赤ワインビネガーをミキサーにかけ、ペースト状にする。

鍋にバターを入れ、玉ねぎに火が通るまで炒める。
コリアンダーリーフを入れ、数分炒める。

大蒜ペースト、スパイスを入れ、しばらく炒める。

鶏肉を入れ表面の色が変わるまで炒め、塩と水200ccを入れ、蓋をして20~30分煮込む。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。