1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 主食
  4. » チキンビリヤーニ レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキンビリヤーニ レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

チキンビリヤーニ
チキン・ビリヤーニ。見た目はどうでしょう?
奥に見えるのは適当ライタ。

カレーとライスのレイヤー料理(?)、ビリヤーニ(ビリヤニ)です。
初めて作ったわりにはまあまあな感じでした。全体的にちょっと塩加減が足りなかったですね。
ShowMeTheCurry.comのレシピを大幅にパk、もとい、参考にしています(^^)

本来はバスマティライスですが、扱い易さからジャスミンライスを使っています。あと、これだけの量が一度に入る耐熱皿ってどこに売ってるんでしょうね・・・
適当な耐熱皿が無かったので、しかたなく非耐熱のドンブリx3で作ってみましたf(^^;;

最後にオーブンで焼く部分にどういう効果があるのか良く分かりませんが、色々な味・香り・食感が楽しい感じでした。インド通ぶってライタを作って一緒に食べてみましたが、やはりライスにヨーグルトをかけるのは難易度高いですね(-_-)

もう少し塩味を強くし、香りスパイスを全体的に強くし、コリアンダーリーフを出来上がりに混ぜ込めば、もっと良い感じになりそうです。個人的にはフライドオニオンを作るのが一番メンドクサイので、フライドオニオンを買ってきてしまえば割りと簡単料理かも知れません。

あまり詳しくないのですが、元々ペルシャ料理の「プラオ」がムガル帝国時代にビリヤーニになったとかなんとか。そして「プラオ」はヨーロッパに伝わり「ピラフ」になり「パエリア(パエージャ)」になり、、、確かにピラフもパエリアもスパイスを使いますね。そういう意味では「カレーピラフ」って意外と由緒正しいというか、運命の再会みたいで面白いですね(?)。

■材料1 フライドオニオン
玉ねぎ 3個(縦に4つ切りしたものを、繊維を断ち切る方向に薄切りにする)

■材料2 ライス
ジャスミンライス 3合
グリーンカルダモン 2個
ベイリーフ 1枚
塩 小1/4
サラダ油 小1

■材料3 カレー
骨付き鶏もも肉 2本(ブツ切り)
ヨーグルト 200g
じゃがいも 中1個(一口大に切る)
サラダ油 大2
バター 大2
おろし大蒜 小2
おろし生姜 小2
レーズン 大1(山盛り)
カシューナッツ 大1(山盛り)
塩 小1 1/2

(ホールスパイス)
シナモンスティック 1/2本
ベイリーフ 1枚
メース 3~4片
グリーンカルダモン 5個
クローブ 5個
黒胡椒 小1
クミンシード 小1

(パウダースパイス)
クミン 小1
コリアンダー 小1
ターメリック 小1/4
レッドペッパー 小1/2

サフラン 小1/4(大1程度のお湯に浸して色を出しておく)

コリアンダー 2株(粗みじん切り)
ミント 大2程度(粗みじん切り)

【フライドオニオンを作る】
薄切りにした玉ねぎを、低温の油(分量外)で揚げる。(渡辺玲氏になった気持ちで)
色付いたら油を切っておく。余熱で火が入るので、気持ち早めに油からあげる。

【米を炊く】
ジャスミンライスを軽く研ぎ、ザルにあげて30分おいておく。
日本米と同じ水分量で炊飯器にセットし、グリーンカルダモン、ベイリーフ、塩、サラダ油を入れ、早炊きモードで炊く。炊きあがり10分前に炊飯器を切ってそのまま蒸らしておく。
※タイミング的には、カレーを作り始めたタイミングで炊き始める感じで。

【カレーを作る】
鍋にサラダ油とバターを熱し、カシューナッツとレーズンを入れ、2~3分揚げ、油からあげる。

同じ油に、ホールスパイスを入れ加熱し、クミンシードがシュワシュワしてきたら大蒜と生姜を入れ、香りを出す。

鶏肉を入れ、ヨーグルト、フライドオニオンの半量、コリアンダーの半量、ミント、ジャガイモ、パウダースパイス、塩を入れよく混ぜ、蓋をして10分煮込む。

【ビリヤーニを作る】
深めの耐熱皿に薄く油をぬっておく。

カレーの半量を耐熱皿に入れ、その上に米の半量、その上に残りのカレー、その上に残りの米、と層にする。
サフランの色を出したお湯をイイカンジで米にまわしかける。
米の上にカシューナッツ、レーズン、フライドオニオンの残り、コリアンダーの残りをまぶす。

アルミホイルで覆い、180度のオーブンで20分焼く。
ざっくり混ぜたら盛り付けて完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。