1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 没レシピ
  4. » アチャールチキン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アチャールチキン

総合評価:★☆☆(゚д゚)フツー

アチャールチキン

久しぶりに「カレーのすべて」からのレシピです。
と言いつつ、明らかに怪しい部分は微調整をかけています。

アチャールの様な味(酸味)だからアチャール・チキン(アチャリー・ムルギー)だそうです。アムチュール・タマリンド・ヨーグルト・チャットマサラと、酸っぱい系の材料が目白押しです。

で、感想は・・・うーん。
まず、なんか見た目が汚いですよね。酸味も、ちょっと度を超しているような・・・

不味くはないのですが、うーん。

酸っぱい系だと、今のところチキン・ビンダルーの方がバランス良いですね。

【材料】
鶏もも肉 400g(皮を外し一口大に切る)
マスタードオイル 60cc
アムチュール 大さじ4(60cc)
カシューナッツ 100g
ヨーグルト 200g
タマリンド 30g(少量の水で揉み出しておく)
チャットマサラ 大さじ2(30cc)
塩 小さじ1(5cc)
トマトジュース 190g
水 400cc

(ホールスパイス)
レッドペッパー 4本
フェンネルシード 小さじ2(10cc)
マスタードシード 小さじ2(10cc)
(アジョワンシード・・・は無かったので省略)

【作り方】
カシューナッツを倍量程度の水とともに火にかけ、下茹でし、ミキサーでペースト状にしておく。

鍋にマスタードオイルとマスタードシードを入れ火にかけ、バチバチ弾けるまで加熱する。

一旦火から下ろして、レッドペッパーとフェンネルシードとアムチュールを入れ、混ぜ合わせる。

トマトジュース・カシューナッツペースト・ヨーグルト・水・鶏肉・タマリンドの濾した水を入れ、チャットマサラと塩を入れ、沸騰してから20分ほど煮込む。

盛り付けてコリアンダーリーフ(分量外)を散らして、一応完成。

【おまけ】
タイフェスティバルで買ってきました(^^)

タイレストランガイド

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。