1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. »
  4. » チャナマサラ レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャナマサラ レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

チャナ・マサラ
チャナ・マサラ

チャナ・マサラ。かなり旨くできました。
味の濃いチャナ豆(英語:チックピー、日本語:ひよこ豆、スペイン語:ガルバンゾー)と濃厚なマサラ、それをアムチュール(ドライマンゴー)の酸味とトマトの酸味・旨味が纏めていて、完璧に近い出来です。トッピングのコリアンダーリーフ・赤玉ねぎもドライスパイスには無い新鮮な香りが足されるので、なおさら完璧。

グレービーは玉ねぎと大蒜でいかに甘味と旨味を構成するかがポイントだと思います。このレシピに関してはトマトは旨味というよりも酸味が主な役割なので、あまり煮込まない(酸味を飛ばさない)でフレッシュ感を出した方が良いと思います。なんとなくカットトマト缶を使いましたが、夏ですし生のトマトを使った方が良いかも知れません。

レシピは色々ですが、渡辺氏のレシピが比較的近いでしょうか。レモン汁とカスリメティは少し試したのですが、入れなくてもバランス良く出来ているので個人的な好みでは無くて良い気がします(レモンもカスリメティも主張が強いので)。このあたりはお好みで。

ちなみに、チャナ豆は大手スーパーや輸入食品店など、意外とどこでも売っています。乾燥物を「ひよこ豆」、水煮を「ガルバンゾー」として売っている事が多い気がしますね。チャナ豆をパキっと二つに割るとチャナダル(当たり前ですが)。

あと、ひよこ豆は水に浸けっぱなしだと発芽するらしいのでご注意w

出典:50 Great Curries of India
(相変わらずこればっかり。盛り付け方もパクりましたf(^^;;)
元のレシピではヒングを入れる事になっていたのですが、ヒングは買っていないのでアムチュールを減量し代わりにチャットマサラを入れました。

【材料】
乾燥ひよこ豆 200g
玉ねぎ 大1個
生姜 親指大
大蒜 3~4片
カットトマト缶 1/2缶
塩 小2
サラダ油 80cc

生コリアンダーリーフ 適量(みじん切り)
赤玉ねぎ 適量(薄切りし、水にさらしておく)

(下茹で用ホールスパイス)
カルダモン 5個
クローブ 8個
ベイリーフ 2枚
胡椒 小1/2
クミンシード 小1

(パウダースパイス)
ターメリック 小1
レッドペッパー 小1/4
アムチュール 小1/2
チャットマサラ 小1/2

(ホールスパイスをミルサーでパウダーにする)
黒胡椒 小1/2
コリアンダー 小1
カルダモン 1個
クローブ 1個
シナモンスティック 1cm

【作り方その1】
ひよこ豆を一晩水に浸け、水を吸収させる。

水を切り、鍋にひよこ豆とタップリ目の水を入れ、下茹で用ホールスパイスと塩小1を入れ、50分茹でる。
茹で上がったらザルにあげ、カルダモンとクローブを抜いておく。

【作り方その2】
玉ねぎ1/2個をみじん切りにする。

カットトマトをミキサーでペースト状にしておく。

トマトとは別に、玉ねぎ1/2個・生姜・大蒜をミキサーでペースト状にしておく。(水を少々足しながら)

ひよこ豆とは別の鍋にサラダ油を入れ、みじん切りの玉ねぎを飴色近くまで炒める。
玉ねぎ生姜大蒜ペーストを入れ、10分ほど炒める。

パウダースパイスと、残りのホールスパイスをミルサーでパウダーにしたものを入れ、1分ほど炒める。
トマトペーストと塩小1を入れ、数分炒める。

水気を軽く切ったひよこ豆を入れ、10分煮る。

盛り付けて、好みでコリアンダーリーフ・さらし赤玉ねぎを散らして、完成。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。