1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » チキン
  4. » 南インド風チキンカレー 改良版 レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南インド風チキンカレー 改良版 レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

南インド風チキンカレー
トッピングのマスタードシードがそれっぽく。南インド風チキンカレー

冷凍のカレーリーフが大量にあるので、南インド風チキンカレーをカレーリーフバージョンで。スパイス使いを微妙に改良しています。

パウダースパイスはコリアンダー・ターメリック・レッドペッパーしか使っていませんが、種々のホールスパイスとカレーリーフからシッカリと香りが出るので、かなり完璧に近い仕上がり。ただやはり、冷凍のカレーリーフは生のカレーリーフよりも香りが弱い気がしますので、生のカレーリーフを入れる場合はもう少し少なくても良い気がします。
(そろそろ御徒町の吉池デパートに生の葉が入荷していても良い頃ですが・・・)
(あとオザキフラワーパークに苗が入荷したそうです)

サラサラタイプのカレーなのでホールスパイスを抜いていませんが、食べられないホールスパイスをよけるのが苦手な方は、水分を入れる前に抜いて下さい。でも煮込んでいる間に香りが出るような気がするので、微妙なところです。

レシピによってはココナッツミルクを入れた状態で煮込むものもありますが、ココナッツミルクは煮込むとフレッシュ感が減っていくので、パウダータイプのココナッツミルクを使って仕上げにのみ入れるのが個人的な好みです。

ちなみにハリオムさんに言わせると、インドカレーにトマトジュースを入れるのは論外だそうですw
でも生のトマトや水煮のトマト缶って個体差が結構大きいんですよね。ましてや冬なんかだと、スーパーに普通に売っているトマトを使うのは結構ツライものがあります。このあたりは好みで。

【材料】
手羽元 400~500g
玉ねぎ 1/2個 (みじん切り)
トマトジュース 190g
生姜 親指大
大蒜 1/2個
サラダ油 大3
ココナッツミルクパウダー 60g
塩 小1 1/2
青唐辛子 1~2本(包丁でスリットを入れておくか、フォークでブスブス穴をあけておく)
カレーリーフ(生か冷凍) 20~30枚
コリアンダーリーフ 適量(みじん切り)

水 500cc

(スタータースパイス;ホール)
黒胡椒 小1/2
クミンシード 小1/2
メース 3~4片
シナモンスティック 1/2本
クローブ 5個
グリーンカルダモン 5個
ベイリーフ 2枚
鷹の爪 2本

(煮込みスパイス;パウダー)
ターメリック 小1/2
レッドペッパー 小1
コリアンダー 大1

(仕上げ)
サラダ油 大1
マスタードシード 小1

【作り方】
生姜・大蒜を少量の水とともにミキサーにかけ、ペースト状にしておく。

サラダ油でスタータースパイスを炒め、クミンシードがシュワシュワしてきたら(or クローブやカルダモンが油を吸ってプックリしてきたら)玉ねぎを入れ、透明になるまで炒める。

青唐辛子とカレーリーフ10~15枚程度を入れ、少し炒めカレーリーフの香りを出す。

パウダースパイスを入れ、軽く炒め合わせる。

生姜・大蒜ペーストを入れ、水分が飛ぶ程度に炒める。

鶏肉を入れ、表面の色が変わったら水・トマトジュース・塩を入れ、蓋をして30分ほど煮る。

ココナッツミルクパウダーを少量の水で溶きペースト状にし、投入して数分煮る。

別の鍋にサラダ油とマスタードシードを入れ、バチバチ弾け始めて少ししたら火から下し、弾け終わるまで待つ。
残りのカレーリーフを入れ再び加熱し、カレーリーフがクリスピーになるまで炒める。

カレーを盛り付け、マスタードシードとカレーリーフを油ごとかけ、コリアンダーリーフを散らして、完成。


カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。