1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » タイ料理
  4. » パックブーン・ファイデーン(タイ風の空芯菜炒め) レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パックブーン・ファイデーン(タイ風の空芯菜炒め) レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

パックブーン・ファイデーン(タイ風の空芯菜炒め)

カレーでもインドでもありませんが、空芯菜を収穫したので、タイ風の空芯菜炒め、パックブーン・ファイデーンを作りました。パックブーン=空芯菜、ファイデーン=赤い炎、だそうです。

レシピはかなり適当ですが、味はさすがの空芯菜。ちなみに調理時間は1分未満。

赤唐辛子を入れているレシピが多かったのですが、干しエビを入れているレシピもあったので、ナム・プリック・パオで赤唐辛子と干しエビを兼用しました。
何気に大豆(タオチオ)・牡蠣(オイスターソース)・干しエビ(ナム・プリック・パオ)・魚醤(ナム・プラー)にニンニクと色々入っているので、日本人好みの複合的な旨味。

空芯菜はホウレン草比でカルシウム4倍・ビタミンA5倍・ビタミンB群2倍・ビタミンC2倍だそうです。さらにニンニク(アリシン)もタップリなので、なんだか体に良さそうです。

スーパーで空芯菜を買うと何故か高いのですが、自分で育てると虫もつきにくいですし、密植可能(2cm程度の間隔で密集させても大丈夫)ですし、夏の間は何度も収穫出来る(刈り取っても根元から分蘗して再生する)のでマジオススメです。プランター1個と種と土で原価1300円ぐらいですが(あと肥料代ぐらい)、一シーズンで数千円分は軽く収穫出来ます。翌年からはプランターを買う必要が無いので、原価数百円で数千円分の収穫という脅威のコストパフォーマンス。世界の食料不足を救うのは空芯菜なんじゃないかというぐらいの勢いです。

何故か必死にオススメ

【材料】
空芯菜 150g~200g(5cm程度に切る)
※20株ぐらい。

サラダ油 大2
にんにく 3~4片(みじん切り)

(調味料)
ナム・プラー 小1
ナム・プリック・パオ(チリペースト・イン・オイル) 小1
タオチオ 小1
オイスターソース 小1
※タイのオイスターソースが無いので、中華のオイスターソースで代用。

砂糖 小1/2

【作り方】
調味料は混ぜておく。

鍋にサラダ油を入れ加熱し、煙が出てくるぐらい加熱したら材料を全て入れ、さっと混ぜ合わせる程度で盛り付ける。
(好みもありますが、シャキシャキ感が醍醐味だと思っているので、出来るだけ手早く)

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。