1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » タイ料理
  4. » ゲーン・キョウワーン・ガイ(キャオワーン、キィアオワーン) タイのグリーンカレー レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーン・キョウワーン・ガイ(キャオワーン、キィアオワーン) タイのグリーンカレー レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマー

ゲーン キョウワーンガイ(タイのグリーンカレー)

タイバジル(バイ・ホラパ)を収穫したので、今更ながらタイのグリーンカレーを鶏肉入りで作りました。

世の中にはカレーペーストを自作する人も居るようですが、そこはさすがに市販のカレーペースト(メープロイブランド)を使いました。

市販のグリーンカレーペーストにフレッシュハーブ(バイ・マックルー、バイ・ホラパ)を足して香りを強化しましたが、香り高さが全然違いますね。バイ・マックルーの柑橘系の香りとバイ・ホラパの清涼感のある香り?(良い意味で薬臭い感じ。バジルというよりも若干ミントやフェンネルに近い)が入ると、明らかに1段階上の仕上がりになります。それとココナッツミルクは長時間煮込んだり出来上がってから時間が経つと味が落ちる特性があったり、また、ホラパの香りはどうも揮発し易いような気がするのもあり、作りたての美味しさは中々のものだと思います。

色々なレシピを漁っていると、タイカレーにホラパではなくガパオを入れているパターンもありますが、そのあたりはタイの実際のところはどうなんでしょうね。
肉はガパオ、魚介はホラパ、ゲーンはホラパ、と理解をしていますが、、

ちなみにバイ・ホラパは英名「Sweet Basil」ですが、イタリアンで言うところのスイートバジルとは別物です。なぜ同じ英名が付いているのか良く分からないぐらい香りが異なります。インド料理で言うところのベイリーフみたいなものでしょうか。

【材料】
サラダ油 大3
グリーンカレーペースト 50g
ココナッツミルクパウダー 120g + 水400cc
水 400cc(ココナッツミルクパウダーを溶く水とは別)
鳥もも肉 200g(一口大に切る)

ナム・プラー 大1 1/2
砂糖 小1

茄子 2本(縦に八つ切りにする)
ピーマン 2個(縦に5mm幅程度に切る)
人参の薄切り 少々
ヤングコーン 5本

ココナッツミルクパウダー 100g+水400cc
砂糖 小1

バイ・マックルー 3枚
バイ・ホラパ 40枚程度

【作り方】
鍋にサラダ油を入れ、グリーンカレーペーストを入れて弱火で1分ほど炒める。

ココナッツミルクパウダーを水で溶いたものを3/4ほど入れ、それとは別に水400ccを入れ、鶏肉と人参を入れ、沸騰してから10分ほど煮込む。

ナム・プラー、砂糖、茄子、ピーマンを入れ、茄子とピーマンにあらかた火が通るまで煮込む。

バイ・マックルーとヤングコーンを入れ、ココナッツミルクの残りを入れ、一煮立ちさせる。

火を止めて、バイ・ホラパを入れ一混ぜし、完成。
好みで盛り付けてからホラパをトッピングなど。

時間が経つとどんどん味が落ちていくので、お早めに。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。