1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » Tips
  4. » 洋書(英語)のレシピを読み解くポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋書(英語)のレシピを読み解くポイント

洋書のレシピを読み解く際に気をつけなければいけないポイント。
他にも色々あった気がしますが一旦公開。後で追記するかも知れません。

【単位変換系】
オンス(oz)
⇒グラムに換算する際はgoogle電卓が便利。いつものgoogleから「4ozをグラムで」や「3オンスは何グラム?」等と検索すればOK。

ポンド(lb)
⇒ポンドをグラムに換算する際もgoogle電卓で。
「2lbは何グラム」「1ポンドをグラムに」等と入力。

華氏(℉、F)
⇒華氏を摂氏に換算する際もgoogle電卓で。
「400Fを摂氏で」等と入力。「400℉」や「華氏400度」では変換不可。

teaspoon
⇒小さじ(5cc)
google電卓によると、厳密に言うと4.92892159 ccらしい。これも「1teaspoonをccに」等で変換出来ますが、まあ小さじで良いと思います。

tablespoon
⇒大さじ(15cc)
google電卓によると、厳密に言うと14.7867648 ccらしい。これも「1tablespoonをccに」等で変換出来ますが、大さじで良いと思います。

cup
⇒250cc ← 日本のカップは200ccなので注意
google電卓によると236.588237 ccらしいが、多分250ccを採用しているのが多数派、、だと思います。

【材料】
Cream / Single Cream / Light Cream / Whipping Cream / Heavy Cream / Double Cream
⇒全部、生クリームの事。乳脂肪分の割合によって呼び名が異なる。このあたりこのあたりを参考。そこまで差がない気がするので、生クリームであれば何でも良いと思います。日本語のホイップは代替品なので個人的にはダメですが。

white vinegar
⇒お酢らしいですが日本のお店では売っていません。こだわる場合は通販で。色々見ていると、そんなに特徴が無い普通のお酢を指している気がするので、こだわらない場合は普通のお酢で良いと思います。(普通って何酢だよって感じですが)

fresh turmeric root
⇒入手困難(沖縄あたりから生うこんを買う?)。乾燥のターメリックパウダーで代用。
目安として「4~6人前の場合、小さじ1が上限」というのを念頭に。

onion
⇒どうも玉ねぎは国によって大きさにバラツキがあるらしいので、レシピのonionの数は無視した方が良いです。日本の玉ねぎは大きいようなので、レシピよりもガッツリと少なくするのが吉。

shallot
⇒シャロットまたはベルギーエシャロット。らっきょう型をした、いわゆるエシャロットとは別物なので注意。訳が分かりませんね。
普通のスーパーには殆ど売っていませんが、明治屋あたりには売っていた気もします。玉ねぎに置き換えるのが良いと思います。大きさ的には小玉ねぎ(ペコロス)ぐらいだったような気が。

salt
⇒言うまでもなく塩ですが、洋書では何故か塩を省略して書いてある事が多い。
「to taste」と書いてあればまだ良い方で、中には全く塩分が登場しないレシピも多々多々あるので注意。目安として「4~6人前の場合、小さじ1~2の塩」というのを頭に入れておく。例えレシピに塩分が登場しなくても、必須。

肉の分量全般
⇒6人前で1.5kgの肉などと平気で書いてありますが、肉の分量だけ半分ぐらいにするとちょうど良いと思います。

indian bay leaves ( cassia leaves , cinnamon leaves )
⇒ベイリーフと言いながら月桂樹ではなく、シナモンやカシアの近縁種の葉。シナモン・カシア・インディアンベイリーフの特徴として、葉脈が縦方向に入る。
インドジンドットコムAGMトレーディングあたりに売っていたりしますが、まあ普通のベイリーフで良いでしょう。

カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。