1. Top
  2. » 主食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マサラドーサ レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー
※焼き方のコツはこちら


マサラドーサ
マサラドーサ・・・に見えます?焼きが足りない?

マサラドーサ(横から)
一応、中にはポテトマサラ(生地はバキバキですね)

昨日よりは随分マシになりました。自称マサラ・ドーサです。
味・食感は なんだかちょっと違う感じですが、ギリギリでブログに載せられるレベルかなと思ったので載せてみます。コメント欄に感謝!

でも何か違う感じなんですよね~。。。お店で出てきたらガッカリするレベル orz
うーん。

【材料】

バスマティライス
160g
ウラドダル 40g
塩 小1/4

サラダ油 適量

【作り方】
バスマティライスとウラドダルをたっぷりの水に4時間浸ける。

ヒタヒタ程度まで水を切り、フードプロセッサーでペースト状にし、塩を入れて常温で一晩発酵・・・と思ったら今の気温では発酵しなかったので、オーブンの発酵モード(37℃)で2時間発酵。(もっと長い方が良いのかも知れませんが)

100cc~200cc程度の水(分量外)を足し、サラダ油をしいたフライパンで片面を焼く。
真ん中あたりにポテトマサラを適量のせ、なんとなく巻いて完成。

焼いた方法)
・フライパンに油をしく際には、クッキングペーパーで薄~く。
・火加減は、最初は弱く・下面が焼けてから強くした時が一番上手く焼けた気がします。
 (最初から強火にすると生地が沸騰してボコボコになる)

【メモ】
・今回の水加減は、お好み焼きともんじゃ焼きの中間ぐらいにしてみました。ちょっと薄くし過ぎた気もします。
・水を足さずに蒸せばイドゥリ?
・少量のフェヌグリークパウダーを入れているレシピもありますね。ドーサ/イドゥリともに。
・水を足さずに焼いた時はサクサクしてました。水をあまり足さずに薄く延ばす事が出来ればお店っぽくなるのでしょうか・・・?

【おまけ】
フェヌグリーク(メティ)にょきにょき。
フェヌグリーク(メティ)栽培 12日目
出張園芸コーナー

プローンプラオ ( 海老の炊き込みご飯 ) レシピ

総合評価:★★★(゚∀゚)ウマーいけどちょっとベタつきました

プローンプラオ
パエリアではなくプラオ

海老の炊き込みご飯、プローン・プラオです。そのうちビリヤーニを作りたいと思っているので、バスマティライスの扱いに慣れておこうと思い海老のプラオを作ってみました。
殆どターメリックライスみたいなレシピですが、、(というかターメリックライスがプラオの一種なのかな)

ホールスパイスの香り全開で私好みの料理ですね。昨日作ったコリアンダー&アーモンド チキンと混ぜながら食べてみました。香りが異なるものを一緒に食べると香りの相乗効果で良い感じですね。

水分が多かったのか油が多かったのか加熱時間が長かったのか蒸らしが足りなかったのか、少しベタつきましたが、味と香りは良かったです。ジャスミンライスで作った方が作り易い気もします。

あとシナモンの香りが少し邪魔だったかな・・・

【材料】
バスマティライス 200g
海老 12尾(一口大に切る)
サラダ油 大3
玉ねぎ 1個(みじん切り)
大蒜 4片(みじん切り)
おろし生姜 大1
レモン汁 小1
塩 小1/2
水 500cc

(ホールスパイス)
シナモンスティック 3cm
カルダモン 6個
クローブ 5個
ベイリーフ 4枚
マスタードシード 小1/2

(パウダースパイス)
ターメリック 小1/2

バスマティライスを研ぐというかゆすぎ、ザルにあげておく。

鍋にサラダ油とホールスパイスを入れ火にかけ、マスタードシードがバチバチ弾け始めたら or カルダモン・クローブがプックリしてきたら玉ねぎを入れ、軽く色付くまで炒める。
大蒜・おろし生姜・ターメリック・海老を入れ、海老の表面が軽く色付くまで炒める。
バスマティライスを入れ2分炒め、水と塩とレモン汁を入れ沸騰してから15分煮る。(水から15分で良かったのかなぁ?)

火から下し、10分蒸らして完成。
好みで盛り付けてからコリアンダーリーフやレモン汁など。

出典:The Food of India: A Journey for Food Lovers (Food of Series)
(レモングラスが無いのでレモン汁で代用した以外は、ほぼレシピ通り)

ナン レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

何と言ってもナン
何と言ってもナン。 見た目はそれなり

焼きが少々足りない
焼きが少々足りないとこんな感じ

北インドカレーと言えば、ナン。

膨張させるのはイーストではなくベーキングパウダー&重曹。
前にイーストを使って作ったことがありますが、イーストは意外と風味が強い為、イーストを使うと風味がパンになってしまいます。

【材料】
強力粉 600g
砂糖 大3
塩 小1
ベーキングパウダー 15cc (10g)
重曹 小1/2
ギー(無塩バター、サラダ油) 25g (30cc)
溶き卵 1個
プレーンヨーグルト 100g
牛乳 300cc

【作り方】
ホームベーカリーに材料を全て入れ、生地作り&30分寝かせる。
オーブンに天板を入れたまま最高温度で10分程度 空焼きし、温度が最高温度に達したら、麺棒などで生地を薄く伸ばして天板に直接のせて、表面が焦げるまで焼く。薄く延ばしても膨らむので大丈夫です。また天板を高温に熱してあれば、生地を直接置いてもくっつく事はありません。
ウチのガスオーブンであれば最高温度300度で2分程度の焼きですが、オーブンの温度表示は嘘をつく事があるので、参考程度に。オーブンの開閉は庫内の温度を下げるので、素早く。

【メモ】
焼成するのにとにかく高温が必要(タンドール釜は350度でしたっけ)
DeLonghiのピザストーンがあればもっと短時間で焼けるのかな?(ピザストーンが水分を吸い込んで逆効果かもしれない)

低温で焼成すると生地中の水分が蒸発し、焼き上がる頃にはパリパリになってしまいます。ナポリ風のピザを焼く時と同じ理屈ですね。

バターを使って作りましたが、よく考えなくても常温では固形なので、うまく混ざらなかった・・・
サラダ油30ccの方が良いかもしれません。
また、甘味を強調する為に砂糖を増やすのも良いかもしれません。ナンは甘味が重要ですよね。


ところで以前にも書きましたが、本質的にナンとインドカレーが合わない気がするのは、私がお米の国の人だからでしょうか。
南インドカレーとバスマティライス、北インドカレーとターメリックライス、タイカレーとジャスミンライス、の様な香りの相乗効果が無いのが寂しい気がします。
ただ北インドカレー屋さんでライスを頼むと酷い目に遭う事が多いので、消去法的にナンを頼みますけど。。

今度チャパティを作ってみよう

ターメリックライス レシピ

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

ターメリックライス
12/30 写真追加

日本米 2合
バター小1 ※バターは入れない方が良いと思います。

【パウダー】
ターメリック 小1

【ホール】
グリーンカルダモン 5個
クローブ 5個

米を研いで普通に水を入れる(少し少な目)
スパイスとバターを入れて、普通に炊く

【課題】
ターメリックが少し土臭い(量が多い?レシピによってはこの半量程度)
ターメリックを乾煎りすれば土臭さが消えるが発色が悪くなる
ただ見た目の派手さ的にターメリックは捨て難い

最近はバターを入れて炊いていたのですが、バターを入れるとスパイスの香りがバターに負けますね。バターは入れなくて良いと思います。バターを抜いて塩を少量いれるのが良いと思います。

【メモ】
タイ米(ジャスミンライス)で炊くと、こってりした北インドカレーには合わないような(タイカレーには合うが)
インド米(バスマティライス)も同様だが、米の香りが淡い為、スパイスに香りが負けてる?

北インド風のモッタリしたカレーには、日本米を使う方が合う気がする
シャバシャバしたカレーには長粒種が良いか

バスマティライスを炊飯器で炊く

総合評価:★★☆(゚A゚)マーマー

本式では鍋で炊くのだが、面倒なので炊飯器で

米を壊さないように軽く研いだら炊飯器にセットし、水は多めにする(例えば、米2合に対して水は2.5合分程度)
あまり長時間炊いても何なので、早炊きモードで

バスマティ

カシューナッツやレーズンを一緒に炊いても良いかもしれない
バスマティライスやジャスミンライスを炊く際には、スパイスなど入れない方が米自体の香りを感じられるような気がするのだが、どうなんでしょう?
カテゴリ
プロフィール

カレー料理人

カレー料理人
インド・タイ・ネパール・スリランカあたりを軸に、東南アジア料理・南アジア料理・西アジア料理・スパイス料理・カレーを作ったりします。

文章・写真の著作権は放棄しませんが、レシピ内容のパクリや文章の一部引用はご自由にして頂いて構いません。当然ながらリンク・Tweet・ソーシャルブックマークはご自由に。


currychefblog@gmail.com


はてなブックマークに追加

食材購入
おすすめ書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。